無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ナイテイゴインターンシップ 内定後インターンシップ

「内定後インターンシップ」とは、すでに就職活動を終え、就職先が内定した学生が卒業までの間に取り組むインターンシップのことです。就活後の残された学生生活を、学業や遊びに費やすのではなく、内定先企業とは異なる会社や団体での就業体験に活かすという選択肢が、若者の就労観をめぐる新しい動きとして注目されています。
(2014/11/10掲載)

内定後インターンシップのケーススタディ

就活後に内定先とは違う会社で就業体験
一歩でも早く社会人としてのスタートを

就職活動を終えた大学4年生は、卒業に必要な単位さえ取れるとほっとひと息。入社まで、多くの自由な時間を手にします。どう過ごすかは本人次第で、なかには専門性をより深めようとする学究の徒もいますが、やはり遊びに卒業旅行にと、残り少ない学生生活を思い切り謳歌するのが定番の過ごし方でしょう。ところが最近、その貴重な時間の使い道として「内定後インターンシップ」を選ぶ学生が増えているといわれます。すでに就職活動を終え、就職先が決まっているにもかかわらず、その内定先とは異なる別のベンチャー企業やNPO団体などで、インターンとして卒業まで働き続けるというケースが目立ってきました。

一般的にインターンシップは、学生が就職活動前の準備として、自分の志望する仕事や業界、職場の雰囲気を疑似体験する場と考えられています。無事に就活を終えた4年生がなぜ、内定後の限られた時間をわざわざインターンシップに費やすのか。そこには、次のような彼らなりの理由や戦略的なねらいがあるようです。

(1)社会人としての基本的なスキルを高めたい
卒業して社会へ出たら、入社したその日から厳しい競争が始まります。同期のライバルより一歩でも早くビジネスパーソンとしてのスタートを切るために、実践型のインターンシップ体験を通じて、自分をレベルアップさせたいと考える学生が増えています。

(2)自分のキャリアビジョンを明確にしたい
就活を進める中で、学生は仕事や働くことへの考察を深めていきますが、やはり実際に働かずして、仕事へのイメージを具体的に描くことは難しいでしょう。内定後インターンシップの受け入れ先にはベンチャーやNPOが多く、優れた見識やビジネスマインドを持つ経営者のすぐそばで働くチャンスも。その経験からあいまいだった将来像が明確になり、そこへ至るには何をすべきかの道筋も見えてきます。

(3)会社や業界に対する相対的、客観的な視点を持ちたい
あえて内定先とは違う会社で働き、別の企業の価値観ややり方を知ることは今後のキャリアに有益であると、転職の可能性を含め、将来を見据えて考えている学生も少なくありません。

内定後インターンシップに取り組む学生の場合、就活を経て内定まで得ているだけに、さまざまな企業に触れ、働くことへの関心も視野も広がっている人材が多く、受け入れ先企業にとっても、戦力としてのメリットは大きいようです。来年からは就活解禁の時期が後ろ倒しになり、大学4年生が内定後インターンに取り組める時間は限られますが、就活期間が短くなることで、内定が出てもかえって迷いや不安が残り、内定後インターンシップに活路を求める学生が増える可能性もあります。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート
内定フォロー策の確認事項・修正ポイント

優秀な学生ほど複数企業から内定をもらっています。欲しい学生からの内定辞退を防ぐためには内定者フォローが重要になります。また入社の不安を払しょくし、仕事への意欲を高めるためにも「内定者フォロー」は欠かせません。
ここでは内定者フォロー策のポイントをまとめています。

ダウンロード

関連するキーワード