企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リケジョ リケジョ

「リケジョ」とは、理系女子あるいは理工系女子の略で、数学、物理、化学といった理系分野の進路を選択し専攻している女子学生や、企業などで科学技術の研究開発に携わっている女性の研究者・技術者を総称する言葉です。日本社会の少子高齢化が進む中、リケジョにはものづくりの新たな担い手としての期待が高まっており、近年は企業にも、教育機関にも優秀なリケジョの獲得に乗り出す動きが少しずつ広がっています。
(2014/1/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リケジョのケーススタディ

企業が求める女性目線のものづくり
文系より理系を選ぶ女子学生も急増

理系といえば男性の学問という考えはもはや古い固定観念に過ぎず、昨今は「リケジョ」ブームだといわれています。理系男子に比べると比率はまだ少ないものの、その数は増加傾向に。電機、自動車関連をはじめ大手製造業が理工系の女子学生の採用に力を入れるなど、産業界からの注目も高まり、企業や社会でリケジョが活躍できる場は広がる一方です。少子高齢化の進行で、消費者も働き手も数が減っていく中、その半分を占めるのが女性であることを考えれば、これからのものづくりには女性ならではの視点や生活感覚が欠かせません。開発現場に、より多様な意見や考えを集めたほうがビジネスチャンスにつながりやすい――リケジョブームの背景には、企業のそうしたねらいがあると考えられます。

日産自動車では、女性中心の開発チームを編成。女性らしいエンジニアリングの視点を活かした2012年発売の新型車は、売上台数社内トップの大ヒット商品となりました。それまで75度しか開かなかった後部座席のドアを、子どもを乗り降りさせやすいように90度近くまで開くようにしたところ、子育て中の女性に好評を博したのです。同社では女性技術者をさらに増やそうとリケジョの採用活動に力を入れており、リケジョ対象の説明会を開いて社内の託児所に案内するなど、働きやすさをアピールしています。国内の研究者・技術者に占める女性の比率は約14%。増えているとはいえ、欧米諸国の水準と比べるとまだ半分にも足りず、その要因として、家庭と仕事の両立や子育て期間後の職場復帰に対する支援不足が挙げられています。企業が優秀なリケジョを獲得するためには、実際に理系の専門知識を活かして活躍しているリケジョ社員の仕事ぶりを女子学生にPRし、理解を促すことも重要でしょう。日立製作所では、現役のリケジョ社員が会社説明会やイベントで学生と直接話す場を設けています。

ものづくりの新しい担い手として期待されるリケジョには、社会や産業界に人材を送り出す教育現場も熱い視線を注いでいます。首都圏の女子高では理系のクラスが増設され、トップ校になると文系より理系を選択する女子学生が多いことも珍しくありません。早稲田大学理工学術院(旧理工学部・研究科)では、キャンパスをリニューアルする際に女子トイレの設備を充実させるなどして、女子に好まれる環境づくりを目指しています。

文部科学省の学校基本調査によると、日本の大学(学部)に在籍する学生は256万人(13年5月時点)で、このうち理・工・農・保健の4学科のいずれかを専攻する女性は全体の10.7%にあたる27万人でした。10年前に比べ8万人増加し、比率も3ポイント上がっています。リケジョブームが一過性のブームで終わることはなさそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

女性活躍推進法
「女性活躍推進法」とは、2015年8月28日に国会で可決成立した新法――「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」の通称です。同法は、女性が職業生活でその希望に応じて、十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定されました。これにより、従業員301人以上の企業は来年の4月1日までに、...
なでしこ銘柄
「なでしこ銘柄」とは、東京証券取引所(以下、東証)と経済産業省が女性人材の活用に積極的な企業を選定し、投資家に紹介する取り組み、および選ばれた東証一部上場企業を指す呼称です。名称の由来はサッカー日本女子代表のなでしこジャパンから。企業側に女性活用の推進を促すとともに、日本株の魅力をアピールし、個人...
マザーズハローワーク
子育てしながら求職する女性に対し、再就職支援を行うハローワークです。2006年4月1日から、全国12都市(札幌・仙台・千葉・東京・横浜・名古屋・京都・広島・福岡・小倉・神戸・大阪)でオープンしました。

関連する記事

女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、変わらず求められるのは 「トップやマネジメント層の理解」と「女性社員の意識改革」 ~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。
2014/10/01掲載編集部注目レポート
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」第70回 新・女性活用時代―― いま改めて注目される「女性活躍推進」について考える(後編)
『前編』は政府の成長戦略の中、改めて「女性活用」が求められている背景と、企業が取り組むべき課題について述べてきた。『後編』では、迫りくる労働力不足の下、どのように「女性活用」に取り組んでいけばいいのか、その考え方と事例を紹介していく。
2014/04/14掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 高尾の森わくわくビレッジ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...