無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】ケイレキサショウ 経歴詐称

「経歴詐称」とは、労働契約を締結する際、労働者が使用者に対して年齢や学歴、職歴、犯罪歴などを偽ったり、あるいは隠したりすることをいいます。経歴詐称は採否の決定や入社後の処遇などに重大な影響を与えかねないため、悪質な場合は懲戒解雇も可能になります。ただし就業規則に懲戒事由として定められていても、実際に経歴詐称を理由とした懲戒解雇が法的に有効か、無効かはケース・バイ・ケースです。
(2013/2/8掲載)

経歴詐称のケーススタディ

懲戒解雇は悪質なケースに限られる
未然に防ぐには採用時の確認強化を

労働契約の締結にあたっては、使用者が経歴の申告を求めた場合、労働者は原則としてこれに応じなければならず、当然のことながら、真実を告知する義務があるという原則があります。また多くの企業の就業規則では、職歴や学歴、犯罪歴などに関する虚偽の申告を懲戒解雇事由に該当すると定めています。

にもかかわらず実際には、主に中途採用において、経歴詐称が発覚することは少なくありません。「経歴詐称」という言葉そのものには犯罪のような響きがありますが、それに該当する行為とは思わず、採用に有利になるよう「見栄えのいい履歴書」をつくろうとして、つい経歴をごまかしてしまう場合がよくあります。例えば、退職年月を改ざんして職歴のブランクがないように見せかける、契約社員や派遣社員などの非正規雇用だった経歴を正社員と偽って申告する、早期退職した前職の経歴を書かない、TOEICの点数を実際より高く申告するなど、採用者の心証を少しでもよくしたいがために、軽い気持ちで詐称を行うケースが見受けられます。

採用されたい一心からとはいえ、嘘をつくような人材を雇用すべきか否かは論ずるまでもないでしょう。例え本人に能力や実績があっても、経歴詐称は悪質度の高い瑕疵(かし)であるといえます。しかし上述したように、すべての経歴詐称が懲戒解雇の対象になるわけではありません。判例法理によると、経歴詐称に対する懲戒解雇が有効か否かの判断は、それが、採用時に真実を告知していたら採用しなかったに違いないほどの、決定的な経歴詐称であったかどうかを基準とします。また人事評価などに関する判断を誤らせ、労働力の適正配置を妨げる危険性があるなど、その経歴詐称が企業秩序を維持する上で深刻な影響を及ぼす場合にも、懲戒解雇が有効と認められます。

こうした事態を回避するためには、採用時に応募者の経歴詐称を見抜くための防衛策を講じる必要があります。卒業証明書や資格証明書の提出を求め、年金手帳や雇用保険被保険者証、源泉徴収票などの社会保険関連の履歴と本人が記載した経歴との相違を確認するなど、書類によるチェックは最低限徹底すべきでしょう。外資系企業では、採用選考中に応募者の承諾を得た上で前職の職場に在籍期間や職務内容、勤務態度などを尋ねたり、前職の上司からの推薦状の提出を求めたりする、「リファレンス」(照会・推薦)と呼ばれる確認手法もよくとられています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード