【ヨミ】ショウケントリヒキトウカンシイインカイ 証券取引等監視委員会(SESC)

証券取引及び金融先物取引の公正を図るために設けられているのが、証券取引等監視委員会(SESC)です。アメリカの証券取引委員会(SEC)がモデルとされ、「市場の番人」として期待されています。
(2006/6/5掲載)

証券取引等監視委員会(SESC)のケーススタディ

1991年の証券不祥事をきっかけに発足
実効性の高い投資家保護対策が求められている

証券取引等監視委員会(以下、監視委員会)が発足したのは、1991年の証券不祥事(損失補填問題)がきっかけでした。米SECは証券市場を監視する独立の行政機関ですが、日本の監視委員会は当時の大蔵省証券局からその監視機能が分離して発足した経緯から同省の付属機関となり、現在は金融庁に置かれています。

監視委員会は、証券会社等の検査、日々の市場動向の監視、インサイダー取引など課徴金事件の検査、粉飾決算など有価証券報告書等の虚偽記載の検査、各種の勧告・建議及び犯則事件の調査を行うことになっています。

米SECは審判・審決という司法に準じた機能を備え、民事制裁金や排除措置命令という処分権限を行使することができますが、日本では監視委員会の独立性が保たれていないうえに、司法に準じた権限を持たず、法律違反に対しては検察庁に刑事告発するか、金融庁に行政処分を勧告するかしか手がありません。

このため、ライブドアがニッポン放送株を大量取得する際に、東証の時間外取引を使うなど制度のすき間を利用したことに対して、何ら有効な手立てを取れませんでした。

米SECは準司法機能を備えているだけでなく、市場の健全性を損なう事件に際して自浄能力を機能させるための改善努力も怠りません。たとえば、巨大エネルギー企業・エンロンの粉飾決算が発覚した2001年は、米SECの信頼性も大きく揺るぎましたが、わずか8カ月間でサーベンス・オクスリー法案を成立させ、(1)上場会社会計監査審議会の設置(2)監査以外のコンサルティング業務の兼業禁止(3)監査証拠等書類の5年間保管義務(4)担当パートナー(会計監査法人)の5年ごとのローテーション(5)罰則規定を禁固5年から最長20年への強化(6)海外の会計事務所への適用…などを矢継ぎ早に決定しました。

エンロンの粉飾決算事件では、会計監査を担当したアーサー・アンダーセンも崩壊に追い込まれました。ところが、日本では2003年に一部改正された公認会計士法でも、監査証明業務とコンサルティング業務の同時提供の禁止が追加された程度で、会計監査法人のローテーションは盛り込まれませんでした(政令による)。そうしている間にも、西武鉄道の名義株をめぐる虚偽記載や、会計監査法人を巻き込んだカネボウの粉飾決算といった不祥事が相次ぎました。

ネットによる株取引が普及した今こそ、より実効性の高い投資家保護対策が求められるところです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード