無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 掲載日:2021/02/10

【ヨミ】シーディーオー チーフ デジタル オフィサー CDO(Chief Digital Officer)

「CDO」とは、「最高デジタル責任者」のことで、「チーフ・デジタル・オフィサー(Chief Digital Officer)」の頭文字をとった役職です。企業全体のデジタルの活用状況を俯瞰し、組織のデジタル変革を経営の視点で推進する役割を担います。デジタルトランスフォーメーション(DX)が求められる現在、トップダウンで組織改革を進めていくために、CDOのポストを設置する企業が増えています。Dを「データ」とし、「チーフ・データ・オフィサー(Chief Data Officer)」を置いている企業もありますが、それぞれ別の役割を担います。

CDO(Chief Digital Officer)のケーススタディ

プレーヤーでなく、CDOの設置を
経営層にデジタル人材が必要なのはなぜ?

欧米でCDOという肩書が増え始めたのは、2010年代のこと。CEOやCOOなどに並ぶCレベルの人材で、組織のデジタル変革を行うCDOが次々に誕生。その流れは、日本にも訪れつつあります。PwCのコンサルティングサービス「Strategy&」が公表した「2018年Chief Digital Officer調査」によれば、「自社がデジタル化を推進するための専門組織を持つ」と回答した割合は28%で、2016年の22%よりゆるやかに増加しました。CDOの設置率も7%から9%へと増加しましたが、グローバル全体では19%から21%へと増加しており、日本における規模はまだまだ小さいのが現状です。

プレーヤー層のデジタル人材ではなく、なぜ経営層のデジタル人材が必要なのでしょうか。これまで社内のITリーダーといえば、「CIO(チーフ・インフォメーション・オフィサー:最高情報責任者)」が一般的でしたが、CIOとCDOをあえて区別して使っている企業もあるようです。

社内のIT部門は、基幹系システムや情報系システムなどの社内システムの運用管理が中心で、事業部門からの要請に協力するという受け身のITであることが多いのが実状です。しかし、DXの必要性が高まっている今、攻めのITに転じなければ、存続が危ぶまれる企業も出てくるかもしれません。

攻めのITを実現するには、多少痛みの伴う意思決定もしていかなければなりません。DXのために必要なのであれば、多くの人が慣れ親しんだ方法を捨て、ときには事業を閉じる決断をしなければならないのです。そのような経緯から、経営やビジネスに詳しく、デジタル変革も主導できるリーダーが必要とされています。企業としての生き残りをかけてDXに取り組むなら、まずは強い権限を持つデジタル人材を据えることから始める必要があるでしょう。

・参考
PwC Strategy& 日本における「2018年Chief Digital Officer調査」の結果を発表(PwC)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「CDO(Chief Digital Officer)」に関する記事

「CDO(Chief Digital Officer)」に関する書式・テンプレート