企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/07/14

【ヨミ】デンシケイヤク 電子契約

電子契約とは、紙の契約ではなく、インターネットや専用回線などを介して、電子文書だけで行う契約のことをいいます。電子契約の懸念点である契約後の文書の改ざんについては、タイムスタンプと呼ばれる「ある時刻にその電子データが存在していたこと、それ以降改ざんされていないこと」を証明する技術などにより信頼性を担保しています。

電子契約のケーススタディ

書面・押印・対面が基本の慣習から
デジタル中心の新しいビジネス様式へ

2000年代に入り、「電子署名法(電子署名及び認証業務に関する法律)」をはじめ、電子契約に関する法律が整備され、電子契約を導入しやすい環境になりました。しかし、長らく日本のビジネス様式での電子化は進んでいるとは言えませんでした。

転機となったのは、2020年の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行。外出自粛期間中、書類にはんこを押すためだけに出社する会社員が多数いたことなどを理由に、「はんこ文化」からの変容が求められるようになったのです。

2020年7月8日、政府と経団連などが「書面・押印・対面」を原則とした行政手続きやビジネス様式の抜本的見直しに向けた共同宣言を発表しました。新しい生活・ビジネス様式を定着させるため、各府省にデジタル化に向けて法令改正などを行うことを要請。また、民間企業にもテレワークの推進などを目的に、押印の廃止や契約書類の電子化を求めました。

これまでの慣習を変えることを面倒に思う企業も少なくないかもしれません。しかし、電子契約を導入することには大きなメリットもあります。まずは、印紙代、郵送代、印刷代、封筒代などのコストの削減。なかでも「印紙代」は、契約金額が大きいと数万円単位になることもあるので、大幅な削減といえます。

直接的なコストだけでなく、業務効率化による人件費の削減も大きなメリットです。文書を印刷・製本し、印鑑をもらうために社内申請を行い、先方に郵送して返送を待つ。これまでは契約の押印手続きだけで数週間かかることもざらにありました。しかし、電子契約であれば、双方にインターネット環境さえあれば締結することができるため、一日で契約を締結することも可能です。

ここ数年、働き方改革により「生産性の向上」がキーワードとなっていました。「生産性の向上」を単なる美辞麗句で終わらせないよう、企業には変化に柔軟になる姿勢が求められています。

・参考
「書面、押印、対面」を原則とした制度・慣行・意識の抜本的見直しに向けた共同宣言(リンク先は経団連)

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

テレワークマネージャー
「テレワークマネージャー」とは、総務省が主導する「テレワークマネージャー相談事業」において、テレワークの導入を検討している企業・団体などに、アドバイスや情報提供を行う専門家のこと。テレワークの導入コンサルティング実績を持つ人材を総務省がテレワークマネージャーとして認定したもので、支援を必要とする企業...
自転車通勤推進企業
2020年4月、国土交通省は「『自転車通勤推進企業』宣言プロジェクト」を創設しました。本プロジェクトは、自転車通勤を導入する企業や団体を自転車活用推進本部長(国土交通大臣)が認定するもので、企業活動における自転車通勤や業務利用の拡大を図ることを狙いとしています。
テレワーク
働き方改革が推進されるなか、時間と場所にとらわれない多様な働き方を実現する「テレワーク」の導入を検討する企業が増えています。新たな労働力の確保や優れた人材を獲得しやすいなどの理由から、その活用方法にも注目が集まっています。

関連する記事

【コスト削減・業務効率UP・コンプライアンス強化】 要注目の「電子契約」とこれからの企業実務
ここ数年、企業の間で電子契約が話題になることが多くなってきました。電子契約とは、紙の契約書を交わさずに、電子文書だけで行う契約です。
2015/09/18掲載人事・労務関連コラム
テレワーク導入率は44.8%。ワーケーションなど多様化の兆しはこれから
『日本の人事部 人事白書2020』から、テレワークの導入・活用状況の調査結果を紹介します。
2020/07/07掲載人事白書 調査レポート
「働き方改革」推進に向けての実務(4)テレワーク
注目が高まっている「テレワーク」がもたらす様々なメリットについて、具体的な実務と留意点をまとめた。
2017/03/31掲載よくわかる講座

関連するQ&A

社外取締役契約について
従来、社外取締役とは契約を締結していませんでしたが、本年度から契約する指示がありました。どのような内容で契約することが望ましいのでしょうか
契約社員の更新について
いつもお世話になっております。 現在弊社では数名の契約社員がおりますが、事業の悪化により 契約社員の削減を考えております。 そこで、 ①現在1年契約を6カ月もしくは3カ月契約に変更 ②賃金の削減 以上の2点を行いたいと思うのですが、何か問題はありますでしょうか。 また、1週間後に契約更新1カ月...
アルバイトの契約
アルバイトが1名おり、今回業績不振に伴い近々契約終了の話しをする予定でいるのですが、18年以降契約書の取り交わしが行われておりませんでした。 この場合、どのような対応をするのがいいのでしょうか。 (ちなみに契約期間は17年6月1日~18年5月31日になっており、契約書の中に契約更新については甲乙で協...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。