企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2015/09/24

レアジョブ、ジャスネットコミュニケーションズと共同実施アンケート結果発表
英語力を身につけると年収が上がる?募集職種×求められる英語力×年収の相関も

オンライン英会話サービス事業を運営する株式会社レアジョブ(本社:東京都渋谷区、社長:中村 岳、以下「レアジョブ」)は、会計分野のプロフェッショナル・エージェンシー事業を展開するジャスネットコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:黒崎 淳、以下「ジャスネット」)と共同で経理パーソンを対象に行ったアンケート調査の結果を発表します。

 

経理職など専門職種においても英語は必須―7割以上が英語を学習と回答
経理職など、専門性の高い職種においては、従来英語力の必要性は低いと考えられてきました(【参考】参照)。しかし、今回経理職を対象として実施したアンケート調査によると、回答者の72%が「英語の勉強をしている」と回答したように、英語の必要性を感じ、実際に行動していることがわかりました。

また、英語を勉強している理由について最も多い回答は「英語が出来る方が経理スキルが同じでも求人条件が良いと思うから」(複数回答)であり、趣味としてではなく、キャリアアップのために英語に取り組んでいることがわかりました。

【参考】:「英語力と仕事に関するアンケート」(2015年6月レアジョブ調べ、有効回答数1,106)によると、もっとも英語力が必要だと思う職種は、1位:営業職(33.9%)、2位:販売・サービス系職種(21.9%)、3位:技術系職種(IT/通信・SE・システムエンジニア)(20.5%)で、専門職種(会計士・税理士・行政書士)は14職種中最下位

 

英語力があると年収水準が約3割上昇
また、ジャスネットコミュニケーションズで直近3年間に発生した約2,000件の求人データを分析した結果、ポストやランクにもよるものの、経理、会計分野の求人において英語力を必要とする求人と必要としない求人では、年収が10%~40%ほど変わってきていることがわかりました。
例えば、経理の担当者を求める求人では、ビジネスレベルの英語力が必要な求人と英語が不要な求人とを比較すると年収で29%~41%も高いことがわかりました。
英語がビジネスレベル方で決算業務ができる人であれば、英語力が不要な企業の部長レベルの年収よりも高い場合もあるということです。

 

海外進出スタイルの変化により日本人の英語ニーズが変化
株式会社レアジョブ執行役員 下又健
海外進出の仕方が変わってきています。投資の対象国がリーマンショック前の中国から、その後アセアンを中心とするアジアにシフトしているのと同時に、海外進出のスタイルが単なる製造拠点としてだけではなく、市場として販売機能も持つケースが増えているのです。
このことが日本人の英語ニーズに大きな変化をもたらしています。
求められるものが「一方的に指示を出す英語」から「双方向でのやりとりが行える英語」に変わってきているのです。

 

<アンケート調査実施概要>
ジャスネットコミュニケーションズに登録しているユーザー様を対象に6月18日~6月22日にインターネット調査実施。有効回答数329。

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社レアジョブ 広報 荒川・北村
メール:press@rarejob.co.jp TEL:03-5468-7401/FAX:03-5468-7402
ジャスネットコミュニケーションズ株式会社 コーポレートコミュニケーション部 安島・山野
メール:info@jusnet.co.jp TEL:03-4550-6629/FAX:03-3239-7350

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社レアジョブ http://www.rarejob.co.jp/ /9月17日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人材育成・研修(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


学び慣れていない人に“考えるチカラ”を<br />
 サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

学び慣れていない人に“考えるチカラ”を
サービスの現場にも転用できるアスリート向け教育プログラムとは

“自分で考える力”や“自立・自律性”の不足は、人の能力に依存するサービ...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会