企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2014/09/30

石田淳・著 『部下の行動が1ヵ月で変わる!
「行動コーチング」の教科書』、日経BP社より発売

行動科学マネジメントの専門家であり、日経BP「課長塾」など多くの研修・セミナーで講師を務める石田淳氏の新刊『部下の行動が1カ月で変わる! 「行動コーチング」の教科書』が9月24日に発売されました。

時間をかけて目標を設定しても、達成できない部下が多すぎる――。企業の管理職、マネジャーが抱える、こうした悩みを解消するには、部下の行動を望ましい方向へ具体的に導く必要があります。それを短期間で可能にするのが「行動定着コーチング」です。

行動科学マネジメントをベースとした行動定着コーチングは米国で広まるコーチングの新しい概念。従来のコーチングは「やる気」や「意欲の向上」に重点が置かれていましたが、行動定着コーチングでは、気持ちの問題より「行動」に焦点を当てます。

教えられる側(多くの場合、部下)が取るべき行動を具体的に認識しなければ、職場に正しい行動は定着しません。逆に、それができれば部下の動きは1カ月で変わります。

本書では、「ラピッド・チェンジ・コーチング」とも呼ばれる、この新しいコーチングの実践法を事例を交えて詳細に解説しています。

 

【本書について】

書名:『部下の行動が1ヵ月で変わる! 「行動コーチング」の教科書』
著者:石田淳

 

(目次) 
序章 なぜ頑張っても成果につながらない?
――これまでのコーチングがうまくいかなかった理由
第1章 結果につながるコーチングの条件
第2章 行動定着コーチングの実践
第3章 コーチングの検証
第4章 行動定着コーチングを支える5つの要素
価格  1500円(税別)
出版社 日経BP社(日経BP書店
発売日 2014年9月24日


【著者プロフィール】

石田淳(いしだ・じゅん)氏
ウィルPMインターナショナル社長兼CEO、社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事、日本行動分析学会会員、米国行動分析学会会員。「行動科学マネジメント」の専門家として、ビジネスパーソンが成長し、成果を上げる科学的手法を説く。日経BP「課長塾」をはじめ、多くの研修・セミナーで講師を務め、人気を博す。『教える技術』(かんき出版)『続ける技術』(フォレスト出版)など、著書多数。行動科学マネジメントの理論をマラソンのトレーニングにも自ら応用し、2012年サハラ砂漠マラソンを完走。2013年は南極アイスマラソンに挑む。


◆書籍の詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社日経BP http://corporate.nikkeibp.co.jp/


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

HRコンソーシアム 仕事と介護の両立支援セミナー

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


課題解決のノウハウが満載!『日本の人事部』注目のセミナー特集

下期や来期に向けて、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。