無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人事労務・管理
掲載日:2014/03/17

リージャス、アジア太平洋地域で300拠点目の節目となる
ビジネスセンターを『京都』に開設
~フレキシブル・ワーキングの普及や、起業家の増加が需要を後押し~

多様化する働き方を支援する先進的なワークプレイス・ソリューションプロバイダーの世界最大手企業、リージャス(本社:ルクセンブルク)は、アジア太平洋地域で300番目の節目となるビジネスセンターを、日本の大都市のひとつであり、歴史と観光で全世界的に有名な『京都』の中心部『河原町御池』に開設します。

日本におけるリージャスは1998年に、東京に2つのビジネスセンターを開設後、現在では北は札幌から南は福岡まで50拠点以上を運営しています。基本的には、ビジネス拠点として評価が高い住所や有名オフィスビルを中心にビジネスセンターを展開していますが、今回は、『京都』という世界的に有名な大都市に開設することにより、利用企業の国内外での認知向上、海外企業にとっても魅力ある日本支社設立場所としての選択肢が拡がります。

日本のリージャスの成長は、アジア太平洋地域に広範囲にわたるネットワークを構築するというリージャスのビジョンのひとつと位置づけられています。日本の50拠点、世界の100ヵ国1800拠点を超えるネットワークを活用することにより、利用企業は日本国内はもちろんのこと、アジア太平洋地域さらには世界中にビジネス拠点を拡大することが容易に可能となります。

リージャスでは今回の300拠点開設を節目とするとともに、今後もアジア太平洋地域でさらなる拡大を計画しています。こうした成長は、各地域の利用企業のビジネス拡大をサポートとすると共に、フレキシブル・ワーキングという新しい働き方をより普及させる良い機会と捉えています。リージャスのグローバル調査では、日本の経営者や経営幹部の68%は、フレキシブル・ワーキングは生産性を大きく向上させると考えています。さらに、調査会社IDCによると、モバイル・ワーキングを実践するビジネスマンは、2015年までに日本の労働人口の65%の総計3,860万人に及ぶと推定され、日本を除くアジア太平洋地域では8億3,800万人に上ると推定されています。※1リージャスのビジネスセンターの活用は、モバイル・ワークを実践する従業員に、いつどこで働くかにおいて選択の自由を与えることが可能となります。

リージャスの日本法人である日本リージャスの代表取締役の西岡 真吾は次のように述べています。「日本がリージャスのアジア太平洋地域において300番目のビジネスセンター開設の地となり、大変誇りに思います。また世界の人々が訪れる『京都』に拠点を構えることは、日本国内企業はもとより、外国籍企業の皆様にとっても、魅力ある選択肢となると確信しております。アジア太平洋地域においてリージャスの利用ニーズは益々高まっており、今後も起業家から大手の日系企業や外資系企業まで、あらゆるビジネスニーズに対して、フレキシブル・ワーキングを実践する効率的かつ効果的なワークプレイスを提供していきます」。
以上

※1 IDC, ‘Mobile Worker Population to Reach 1.3 Billion by 2015, according to IDC’, 5 January 2012.


■アジア太平洋地区で300番目のビジネスセンター
- オープンオフィス「京都河原町御池」
- 開設予定日:2014年3月14日
- 住所:京都府京都市中京区河原町二条下る一之船入町376 京都クロトビル
- ワークステーション(席)数: 105
※ 2013年11月に日本リージャスより配信したプレスリリースにて、オープンオフィス「京都河原町御池」の開設日を2月1日と案内しておりますが、このたび3月14日に変更となりましたのでお知らせいたします。

■フレキシブル・ワーキングとは
リージャスは1989年の創業以来、企業やビジネスマンに対して固定の事務所にとらわれない自由な働き方を推奨してきました。人に会う、アイデアを考える、生活とのバランスを考えるなどのさまざまな仕事のニーズにおいて、その企業やビジネスマンに適した場所や働き方があるはずです。相応しい働き方を選択することで、全体の生産性を向上させビジネスチャンスを手に入れるという考え方がフレキシブル・ワーキングです。近年、IT の進化や女性・シニアの社会進出など、今まで以上にフレキシブル・ワーキングがあらゆるシーンで求められているのではないでしょうか。リージャスはフレキシブル・ワーキングのパイオニアで、今後もその啓蒙に努めていきます。

■リージャスについて
リージャスグループは、先進的ワークプレイス・ソリューションを提供する世界最大の企業です。居住性が高いビジネス家具などの設備を完備したオフィスから、貸し会議室、テレワークに適したビジネスラウンジ、さらに世界最大級のテレビ会議スタジオのネットワークまで幅広い設備やサービスを提供し、自宅、外出先、あるいはオフィスのいずれの場所からでもフレキシブル・ワーキングをサポートするための新しい方法を提供します。グーグル、グラクソ・スミスクライン、ノキアなどの世界的な大企業から中小企業までが利用しており、オフィスや仕事場をリージャスにアウトソーシングし、本業のビジネスに注力できる体制を整えています。100カ国、600都市、1,800拠点にわたるリージャスの施設を利用する顧客は、毎日150万人以上にのぼり、個人や企業はいつでも、どこでも、またどのようにでも仕事をすることができます。 リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細はwww.regus.co.jp を参照下さい。


◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(日本リージャス株式会社 http://www.regus.co.jp/ /3月12日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。