ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2011/07/28

テンプスタッフプラス、建築設備管理サービス強化
~人材派遣活用によりビル管理コスト削減への解決策を提示~

夜勤オフィスワークの人材サービスのテンプスタッフプラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:北野浩)では、オフィスビルや商業施設での建築設備管理関連サービスへの人材需要に対応するため、7月より首都圏を中心として建築設備管理の人材サービスを本格的に強化します。これにより、同市場における人材派遣活用導入を促し、弊社の第二の事業支柱として成長させてまいります。

オフィスビルやマンション、商業施設などでは空室率の増加と賃料の減少を背景に、建物の付加価値および収益力向上のため、ビル管理コスト減額を含めた経営努力が求められています。管理コスト動向調査では、管理外注企業の48.6%、自社管理企業の46.4%が管理費の減額に努めると回答(※1)しており、サービス向上のため増額もやむを得ない5.9%(外注)、12.6%(自社)を大きく超えるなど、管理コストの削減が求められています。

また、2009 年度ビルメンテナンス業界市場規模は前年度比2.7%増(※2)です
が、物件管理解約リスクも踏まえ、今後、管理コストの80%以上を占める人件費(※3)も含めたコスト削減のため、社員活用から人材派遣や紹介予定派遣など柔軟な人材配置が進むと予想されます。

このような状況を受け、弊社では7月より首都圏のビル管理会社を中心とし建築設備管理の人材サービスを強化してまいります。建築設備管理サービスにかかわる人材は、電気工事士、危険物取扱者、ボイラー技士などの資格を有した専門性の高い技術者が中心となるため、同事業強化は、テンプグループ中期事業戦略に掲げる専門性への積極展開の実践につながります。また、建築管理従事者に対する企業のニーズは、実務経験のある即戦力を求められるため、ビル管理会社退職後の中高齢者の新たな就労機会としても期待できます。

弊社では、2002年より夜勤オフィスワークの人材サービスに特化しサービス提供してまいりました。このたびの建築設備関連サービス強化により同市場での人材派遣サービス活用導入を推進することで、2012年度250名の稼働を見込んでおり、夜勤を超える第二の事業支柱として成長させてまいります。

(※1) ~(社)日本ビルヂング協会連合会調べ「ビル実態調査平成22年度版、2011年3月管理コストの動向意識調査」より~
(※2) ~2009年度ビルメンテナンス業界売上:3兆5,654億円(前年度比102.7%)~全国ビルメンテナンス業界調べ査結果2010」より~
(※3) ~全国ビルメンテナンス協会「ビルメンテナンス情報年鑑-2010」より~


■ サービス概要
オフィスビルやマンション、商業施設などで、空調・消防・防犯・搬送設備の運転や点検・整備に携わり、電気工事士、危険物取扱者、ボイラー技士などの有資格の技術者を提供する人材サービス。
人材派遣、紹介予定派遣、人材紹介など柔軟な人材配置を提案。

サービス地域    : 首都圏

サービス概要    : 建築設備管理の人材サービス
1) 人材派遣
2) 人材紹介
3) 紹介予定派遣

就業人材
有資格(電気工事士、危険物取扱者、ボイラー技士など)でオフィスビル、マンション、商業施設などの建築設備を管理する技術者


◆ 本リリースの詳細はこちらをご覧ください。

(テンプスタッフ株式会社 http://www.tempstaff.co.jp /7月22日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。