無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス その他人事サービス
掲載日:2022/09/20

「2022年度 新入社員意識調査」新入社員の理想の上司・先輩は「丁寧に指導する人」が7割

「叱ってくれる人」や「情熱を持っている人」は、2012年から大幅にダウン
抵抗がある業務は、「指示が曖昧なまま作業を進めること」が1位

 

一般社団法人日本能率協会(JMA、会長:中村正己)は、小会が提供する新入社員向け公開教育セミナーの参加者を対象に、仕事や働くことに対しどのような意識を持っているか調査を行いました。

この調査は、4月4日~4月8日にインターネット調査で実施し、545人から回答を得ています。
 

【トピックス】

  1. 理想の上司・先輩は、「仕事について丁寧に指導する人(71.7%)」が1位で2012年以降の調査で過去最高。2012年度数値の高かった「場合によっては叱ってくれる上司・先輩」や「仕事の結果に対する情熱を持っている上司・先輩」は大幅にダウン。
     
  2. 仕事の不安は、人間関係「上司・同僚などの職場の人とうまくやっていけるか(64.6%)」が1位
     
  3. 抵抗がある業務は、「指示が曖昧なまま作業を進めること」が1位
     
  4. 意欲や能力を高めるための上司や人事への期待は、「成長や力量に対する定期的なフィードバック」が6割
     
  5. 仕事よりもプライベートを優先したい人は8割
     
  6. 仕事は、「量」より「質」で評価してほしいが8割
     
  7. キャリアイメージを描いている人は5割。そのうち5年先が3割。10年先が3割。


【調査結果の詳細】
※集計結果は百分率(単位:%)で表示し、小数点第2位を四捨五入しました。そのため、合計が100%にならないものがあります。

1.理想の上司・先輩は、「仕事について丁寧に指導する人(71.7%)」が1位で2012年以降の調査で過去最高。2012年に数値の高かった「場合によっては叱ってくれる上司・先輩」や「仕事の結果に対する情熱を持っている上司・先輩」は大幅にダウン。

理想の上司を尋ねたところ、「仕事について丁寧に指導する上司・先輩」が71.7%で1位となりました。
過去に実施した調査では、2020年は59.3%、2014年は57.2%、2012年は52.4%となっており、過去最高となりました。
なお、2012年、2014年に数値の高かった「場合によっては叱ってくれる上司・先輩」や「仕事の結果に対する情熱を持っている上司・先輩」は、今回大幅に数値が下がっています。
 

2.仕事の不安は、人間関係「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか(64.6%)」が1位。
仕事をしていく上での不安について尋ねたところ、「上司・同僚など職場の人とうまくやっていけるか」が64.6%で1位となりました。続いて2位は「仕事に対する現在の自分の能力・スキル」(53.4%)。こちらも3年前の調査から大幅に高まっています。
なお、社外に対する人脈作りに対する不安は年々減っています。
 

3.抵抗がある業務は、「指示が曖昧なまま作業を進めること」が1位
仕事をしていく上での抵抗感について尋ねたところ、「上司や先輩からの指示があいまいでも質問しないでとりあえず作業を進める」との回答が「抵抗がある」(「抵抗がある」+「どちらかと言えば抵抗がある」)との回答が、82.7%ありました。8割が「抵抗がある」と回答しています。
 

4.意欲や能力を高めるための上司や人事への期待は、「成長や力量に対する定期的なフィードバック」が6割
意欲や能力を高めるための上司や人事への期待を尋ねたところ、「成長や力量に対する定期的なフィードバック」が61.8%となり、続いて「ワークライフバランスをとれる柔軟な働き方ができる環境づくり」は、51.0%となりました。
 

5.仕事よりもプライベートを優先したい人は8割
仕事・働き方に対する考えについて尋ねたところ「プライベートを優先したい」(「プライベートを優先したいという考えに近い」+「どちらかというとプライベートを優先したいという考えに近い」)との回答が、82.7%ありました。また、「定年まで1つの会社に勤めたい(「定年まで一つの会社に勤めたいという考えに近い」+「どちらかというと定年まで一つの会社に勤めたいという考えに近い」との回答が、64.5%ありました。
 

6.仕事は、「量」より「質」で評価してほしいが8割
働きたい職場について、「働いた仕事の“量”で評価される職場」と、「働いた仕事の“質”で評価される職場」のどちらに近い考え方か尋ねたところ「働いた仕事の“質”で評価される職場」(「働いた仕事の“質”で評価される職場という考え方に近い」+「どちらかというと働いた仕事の“質”で評価される職場という考え方に近い」)との回答が、82.6%ありました。
 

7.キャリアイメージを描いている人は5割。そのうち5年先が3割。10年先が3割。
自身のキャリアイメージを描いているか尋ねたところ、「描いている」(「描いている」+「どちらかと言えば描いている」)との回答が、55.2%ありました。また、キャリアイメージを描いていると回答した人に対し、「何年先までキャリアイメージを描いているか」尋ねたところ、「5年(34.2%)」「10年(35.9%)」となりました。

 

結果を受けてコメント
1の理想の上司・先輩像では、「丁寧な指導をする人」が高まり、4の意欲や能力を高めるための上司や人事へ期待は、「成長や力量に対する定期的なフィードバック」が高まっており、比較的手厚い対応を求める傾向にあります。

2012年の調査から「叱る人」は大幅にダウンしています。「叱るよりもほめて伸ばす!」という風潮の中で、「叱る」または「叱られる」はあまりなじみがないのかもしれません。

3の「指示が曖昧なまま作業を進めること」に対しては、8割が抵抗を感じており、質問のしやすい風土や対応が求められています。
 一人ひとりの個性を育てながら、丁寧に対応していくことが求められる中で、1on1ミーティングなど上司と部下の対話の機会を活用する企業も増えています。また、上司に対しては、今までの育成方法を見直し、ときには上司への育成方法に対する教育機会をつくることも必要ではないでしょうか。

 

【調査概要】
調査名称2022年度新入社員意識調査
調査期間2022年4月4日~2022年4月8日
調査対象日本能率協会の新入社員向け公開教育セミナー参加者
調査方法インターネット調査
回答数545人
属性: [性別]男性:352人(64.6%)、女性:192人(35.2%)、その他:1人(0.2%)
[最終学歴]高校卒:139人(25.5%)、高専・専門・短大卒:62人(11.4%)、大学卒:279人(51.2%)、大学院卒:63人(11.6%)、その他:2人(0.3%)
[学部・学科]文系:199人(58.0%)、理系:127人(37.0%)、その他:17人(5.0%)
[業種]製造業:208人(38.2%)、非製造業:337人(61.8%)
 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
(一般社団法人日本能率協会/ 9月12日発表・同プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。