無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2022/09/14

自治体業務アウトソーシング市場に関する調査を実施(2022年)

新型コロナウイルスワクチン関連業務が急増し2021年度の市場規模は前年度比144.8%増の約2,695億円に拡大

株式会社矢野経済研究所(代表取締役:水越 孝)は、自治体業務アウトソーシング市場について調査を実施し、市場規模及び市場動向に関して明らかにした。


1.市場概況
自治体業務アウトソーシング市場規模(事業者売上高ベース)は、2020年度は新型コロナウイルスの影響により臨時特別給付金や時短営業協力金など、様々な政策が打ち出され、問い合わせ対応、受理業務などの業務が急増したため、多くの自治体でアウトソーシングサービスの利用が増加し、前年度比63.5%増の1,101億4千万円となった

​2021年度は、新型コロナワクチン関連でのアウトソーシングが市場全体の70%近くを占めるまで拡大し、前年度比144.8%増の2,695億9千万円となった。新型コロナワクチン関連でのアウトソーシングとは、具体的には、コロナ相談窓口、ワクチン予約コールセンター、接種券印刷・発送、接種会場での案内・誘導、接種後のデータ入力等のバックヤード業務などの代行のことである。


2.注目トピック
DX(デジタルトランスフォーメーション)化に伴うアウトソーシング案件の増加

政府は2021年度にデジタル庁を発足させ、2025年度までに自治体システムの標準化完了(各地方公共団体ごとに差異がある基幹系情報システムの調整・統一)を目指しているが、DX化の中でも完全になくすことが難しい従来の業務のアウトソーシング案件が増加していくと予測する。

​DX化により、帳票のデジタル化が進められるが、紙自体が無くなることはなく、また電話対応もチャット対応への切り替えが進むが、電話対応自体が無くなることはないと考える。これらの紙の処理や電話対応のような、完全にはDX化しきれない業務を効率化する手段として、アウトソーシングサービスの活用は今後ますます進んでいくと予測する。


3.将来展望
2022年度に入ってからも、新型コロナワクチン関連でのアウトソーシングの需要は引き続き生じているものの、ワクチン接種対象者の範囲が以前より限定的になっているため、コロナ対策系業務の規模は2021年度と比較すると1/3まで縮小すると見込む。加えて、給付金系業務の規模も縮小が見込まれる。これらの背景から、2022年度の自治体業務アウトソーシング市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比49.0%減の1,375億5千万円と予測する。

2023年度以降については、コロナ対策系業務に関する「特需」の規模は縮小していくと予測するが、新型コロナウイルス終息に時間を要することも想定され、新たなウイルスの発生リスクも存在し得るため、緊急時の感染対策業務をアウトソーシングする需要は今後も発生していくと予測する。

自治体において定常的に発生する業務である「戸籍住民系業務」「税務系業務」「国保・介護系業務」「こども関連系業務」のアウトソーシングについては、微増していくと予測する。それは、「高齢化による福祉事業の拡大」、「待機児童解消に向けた保育所増設への対応」など、住民サービスが多様化、煩雑化してきているにもかかわらず、多くの自治体で職員数の減少や、働き方改革による残業時間の削減があり、限られた人的リソースでは処理しきれない業務対応を外部リソースに頼らざるを得なくなってきているためである。また、政府が地方行政サービスの民間委託を積極的に推進していることもアウトソーシングの導入を後押ししている。

2020年度~2024年度の年平均成長率(CAGR)は-4.1%と、コロナ対策系業務による「特需」で拡大した2020年度の市場規模からはマイナスとなり、2024年度の自治体業務アウトソーシング市場規模(事業者売上高ベース)は932億円になると予測する。


■調査要綱
1.調査期間: 2022年6月~8月
2.調査対象: 自治体業務アウトソーシングサービス提供事業者
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、文献調査等

<自治体業務アウトソーシング市場とは>
「自治体業務アウトソーシング」とは、地方自治体内における事務系業務のアウトソーシングのことであり、具体的には、「戸籍住民系業務」「税務系業務」「国保・介護系業務」「こども関連系業務」「コロナ対策系業務」「給付金系業務」「マイナンバー系業務」「経済活性化系業務」「総務・会計系業務」の業務を代行するサービスのことを指している。

<市場に含まれる商品・サービス>
「戸籍住民系業務アウトソーシング」、「税務系業務アウトソーシング」、「国保・介護系業務アウトソーシング」、「こども関連系業務アウトソーシング」、「コロナ対策系業務アウトソーシング」、「給付金系業務アウトソーシング」、「マイナンバー系業務アウトソーシング」、「経済活性化系業務アウトソーシング」、「総務・会計系業務アウトソーシング」


■お問い合わせ先
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号:03-5371-6912
メールアドレス: press@yano.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社矢野経済研究所 / 9月13日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。