ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2021/04/28

SDGsの取り組みが、会社選びに影響するグローバル人材、約60%~転職先を決める新たな重要ポイントとして~

バイリンガルのための転職・求人情報サイト「Daijob.com」を展開するヒューマングローバルタレント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:横川 友樹、以下「当社」)は、同サイトの登録者に「SDGsの(Sustainable Development Goals)」(持続可能な開発目標)に関する独自調査を行いました。

【はじめに】
 2015年9月に国連総会で決められた、2030年までの達成を目指す国際社会の共通目標であるSDGs。2020年度版の国際レポートによると、日本の達成度は17位になっており(※2)、目標までに取り組む課題が多く残されています。そこで、国際社会での仕事を希望する人が多く集まる「Daijob.com」で、SDGsに対する意識調査を行いました。

※1.グローバル人材:Daijob.comに登録しているバイリンガル人材とする。
※2. 2020年6月に公開されたSDGsの達成度・進捗状況に関する国際レポート「Sustainable Development Report」を参照。


【調査結果】
1.グローバル人材のSDGsに対する関心度は高く、認知が74%、興味ありも82%

SDGsについて、グローバル人材は74%の方が「知っている」と回答しました。インターネットリサーチ会社「楽天インサイト」によるSDGs認知度調査(※3)では、「よく知っている」と「聞いたことがある」を合計して、50%となっており、一般的な認知度と比べて約1.5倍になっています。「興味あり」の人材も82%にのぼり、本アンケートに回答したグローバル人材は、メディアからの情報に加えて、自分が所属する会社や担当業務として、SDGsの興味・関心を高める人が多い結果となりました。


2.グローバル人材は、転職先を選ぶときにもSDGsの取り組みを約60%が考慮に入れている

転職活動の目的はキャリアアップや年収アップなど、人によってさまざまな理由がありますが、SDGsの取り組みについても、転職先の検討項目として、59%の方が「考慮にいれる」と回答しました。


3.グローバル人材が働く企業で、最も取り組まれている課題は「ジェンダー平等を実現しよう」

外資系38%を含むグローバル人材が勤務している会社(または直近まで就業していた会社)を対象に、17個あるSDGsの目標のうち、最も取り組まれていた目標について聞いたところ、「5.ジェンダー平等を実現しよう」が、最も多く取り組まれていました。日本はジェンダーギャップ指数が世界で120位になっており(※4)、主要7カ国(G7)の中では最下位になっています。アンケート回答者は日本在住・日系グローバル企業勤務の人材が半数以上だったため、日本で暮らす上で特に取り組むべき目標だと認識されていることがわかりました。

※4.世界経済フォーラム(WEF)による「ジェンダーギャップ指数2021」の調査データより


【本調査の概要】
期間:2021年4月9日~12日
対象:Daijob.com登録者
方法:メールによる任意回答
人数:385人(日本国籍・200人 外国籍・185人)
※質問により未回答もあるため、集計結果は必ずしもこの人数と合致していないことをご了承ください。


<本件に関するお問い合わせ>
ヒューマングループ 広報担当 原、若林
Email:kouhou@athuman.com

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ヒューマングローバルタレント株式会社 / 4月28日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。