ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2021/02/01

全国47都道府県 約1万人の就業実態一斉調査

ディップ株式会社(以下「当社」)のディップ総合研究所は、47都道府県在住の15~69歳の男女9,794人の回答者(以下、回答者)を対象に、テレワークの導入実態と、テレワーク導入による地方移住の意向について調査しましたのでご報告いたします。

※1 調査対象:47都道府県在住の15~69歳の男女9,794サンプル(本レポート利用:4,844サンプル/正規雇用者:1,450サンプル、有期雇用者:3,394サンプル)

■調査結果
1. テレワークにより業務効率や生産性が高くなったとの回答者 3割強
2. 地方移住を推奨若しくは容認する回答者 2割、そのうち5割が移住を希望
3. 1年以内に地方移住したい回答者 3割、3年以内は5割強


■調査結果からわかるテレワークの導入実態と、テレワーク導入による地方移住の意向
テレワークの活用による業務効率や生産性の変化について、「変わらない」との回答が最も多く、「高くなった」と回答した人が3割強いることが分かりました。出社しなくとも問題なく仕事が可能であることや、移動時間の削減により時間を有効的に活用できていることが伺えます。一方で、「低くなった」と回答した人は2割強いることがわかりました。対応できる業務の幅が限定的になることや、社員同士のコミュニケーションの取り方の変化などが関係しているのかもしれません。

またテレワークの導入により、地方移住を推奨若しくは容認されているのは2割で、そのうち5割が地方移住を希望していることが明らかになりました。勤務地の選択肢が広がったことで、ワークスタイルについて考えるきっかけとなり、会社から離れた場所に住むなど、居住地の選択肢が広がっていることがうかがえます。また、移住の希望タイミングは、即時~1年以内で3割、3年以内には移住したい人を合わせると5割強となっており、近い将来のこととして地方移住を視野にいれているようです。

テレワークによる生産性がより向上すれば、地方への移住を選択する割合も今後増加していく可能性は高いでしょう。

■調査概要
調査設計・分析:ディップ総合研究所 ディップレポート編集課 川上由加里
執筆者:ディップ総合研究所 ディップレポート編集課 太田瑠美子
調査名:ディップ総合研究所 「テレワークの導入実態と、テレワーク導入による地方移住の意向調査」
調査手法:インターネット調査(バイトル会員)
調査期間:2020年10月26日(月)~2020年10月30日(金)
調査対象者:47都道府県在住の15~69歳の男女
有効回収数:9,794サンプル(本レポート利用:4,844サンプル/正規雇用者:1,450サンプル、有期雇用者:3,394サンプル)

※当調査結果を引用・転載される際は、下記表記をお願いいたします。
出典:「テレワークの導入実態と、テレワーク導入による地方移住の意向調査」

※インターネットメディアへご掲載いただく場合は、ディップ総合研究所TOPページまたは、アンケート調査結果ページのURLを記載ください。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ディップ株式会社 / 1月29日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。