企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2020/09/23

「企業における感染症対策に関する実態調査」結果について

東京商工会議所(三村明夫会頭)は、健康づくり・スポーツ振興委員会(櫻田厚委員長・モスフードサービス会長)において、緊急事態宣言発令期間を経た、企業における感染症対策に関する実態を把握するため標記調査を実施し、結果をとりまとめましたのでお知らせします。


<調査結果のポイント>
1.新型コロナウイルス感染症の事業継続への影響と従業員の健康管理

  • 新型コロナウイルス感染症拡大は、回答企業の76.1%に事業継続への影響を与えた。
  • 新型コロナウイルス感染症下では、従業員の健康管理に対し85.4%の企業が不安を感じている。その中の64.7%の企業が従業員のメンタルヘルスに不安を感じている。

2.感染症BCP(感染症を対応を含むBCP)について

  • 「策定済み」企業は17.8%。「策定中」「今後、策定予定」は併せて36.1%。一方「必要だが予定はない」も42.4%ある。
  • 策定したBCPで今回十分対応できたのは18.8%にとどまる。
  • 感染症BCPに含む内容では、「社内に感染症発生時の対応(87.1%)」「指揮系統の明確化(67.3%)」「重要業務の選択(63.4%)」と非常時のマネジメント関連が上位を占め、「取引先への説明準備(38.6%)」などの対外的な項目は半数を割った。
  • 感染症BCP策定上の課題は「ノウハウやスキルがない(66.0%)」「人員が割けない(49.5%)」が回答上位。

3.企業の感染症対策について

  • 感染防止資材の購入は「手指用消毒液(90.5%)」「マスク(86.9%)」が上位。「オンラインツール(Zoom等)」は47.8%。
  • およそ95%の企業が「手洗い・うがい・マスク着用の励行」「アルコール消毒液等の設置」を実施しており、「飛沫感染防止資材の購入(74.6%)」「定期的な従業員の体調確認(68%)」が続く。
  • 労働関連の施策では「時差出勤等の出勤体制の見直し(71.6%)」「イベント・集会等の実施基準の見直し(71.1%)」「テレワークの実施(61.2%)」「国内や海外への出張制限(57.9%)」「休業または営業時間の短縮(56.4%)」と続く。
  • 感染症対策資材(マスクや消毒液など)の現在の備蓄量は、全体の85%が3か月分以内に留まった。

4.今後の感染症対策について

  • ワクチン開発後にその接種を求める声が多く(92.9%)、現状PCR検査等の検査の実施が必要と考えている企業が多い(86.3%)。企業活動における安心感を得たいという観点から、検査には高い関心がうかがえた。
  • 行政に求める支援施策は「ワクチンの早期開発・普及(80.4%)」「PCR検査・抗体検査の実施体制の構築(71.3%)」「感染症対策資材等の購入の助成金・補助金(59.5%)」が上位。「感染症対策のノウハウの提供(48.7%)」を求める声も多い。


【本件担当・問い合わせ先】
東京商工会議所
会員交流センター
TEL 03-3283-7681

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(東京商工会議所 / 9月15日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会