企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
書籍 雇用・採用
掲載日:2020/07/06

『「日本型経営」の雇用システムから日本が見える』(中込賢次:著)日本生産性本部 生産性労働情報センターより刊行

日本生産性本部 生産性労働情報センターは、中込賢次:著『「日本型経営」の雇用システムから日本が見える』を刊行しました。


■内容紹介
「日本型経営」とは、一般的には、戦後の高度経済成長を支えた日本独特の雇用システムのことで、欧米には見られない「終身雇用」「年功序列型賃金体系」「企業内労働組合」の三点である。「新卒一括採用制度」も日本型雇用システムの大きな特徴の一つとも言える。しかし「日本型経営」における雇用システムは、バブル崩壊から平成不況の時期に企業のグローバル化の阻害要因になっているという批判があった。不況脱出のため、日本的経営の見直しが言われ続け、それは今現在も続いている。

本書では「日本型経営」が経営手法として優れている、欧米に劣後しているの話ではなく、日本独特のものが厳然と残っているのは何故なのかをしっかり検証したうえで、企業経営として、どのように「変革」していくべきなのかを考える「日本型経営」を歴史的に見つつ、これまでの見直し、改革が日本の社会構造に修正を与えることはできたのか、現在叫ばれている見直し、改革はどのような影響を与えてきたのか時系列で検証し、国の在り様と、今後の方向性も明らかにする一冊。


■本書の概要
「日本型経営」の雇用システムから日本が見える
著者:中込賢次
発行年月:2020年7月1日
定価:本体1,300円+税
ISBN:978-4-88372-568-7
ページ数:210ページ
判型:四六判


■目次(一部抜粋)
・「日本型経営」とは何か(江戸時代から戦後高度経済成長期)
・「日本型経営」への批判、見直し(安定成長期からバブル崩壊、平成不況へ)
・「日本型経営」の雇用システムに対する新たな取り組み(見直し)
・経団連「二〇二〇年版 経営労働政策特別委員会報告」の日本型雇用システムの見直し
・日本の労働市場の現状と今後


◆書籍の詳細は、こちらをご覧ください。

(公益財団法人日本生産性本部 生産性労働情報センター/7月発表)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(書籍)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会