企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2020/07/03

「テレワークにおける社員コミュニケーション」実態調査

人材採用・入社後活躍のエン・ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鈴木孝二)が運営する利用者満足度No.1 日本最大級の総合転職支援サービス『エン転職』上で、ユーザーを対象に「テレワークにおける社員コミュニケーション」についてアンケートを実施し、10,469名から回答を得ました。以下、概要をご報告します。


<調査結果 詳細>
1:テレワーク中の66%が「コミュニケーションが変化した」と回答
「新型コロナウイルスの影響で、テレワーク(在宅勤務)を行なっていますか?」と伺うと、26%が「行なっている」と回答しました。「テレワークを行なっている」と回答した方へ、「テレワーク(在宅勤務)になって、コミュニケーションは変わりましたか?」と伺うと、66%が「変わった」と回答しました。


2:テレワークにより「対面での会話」が減った分、「オンライン上で雑談する」など、コミュニケーションの工夫も変化
「テレワークになって、コミュニケーションが変わった」と回答した方に、変わったことを伺ったところ、「対面でのコミュニケーションがなくなった」(64%)、「コミュニケーションの総量が減った」(60%)に回答が集まりました。一方、「テレワークになって、コミュニケーションは変わっていない」と回答した方に、変わっていない理由を伺うと、「もともとコミュニケーションが少なかったから」(40%)、「オンラインツールをうまく使えているから」(40%)に回答が集まりました。


3:7割が「職場でコミュニケーションを取れている」と実感
「職場でコミュニケーションは取れていると思いますか?」と伺うと、71%が「取れている」(取れている:30%、どちらかといえば取れている:41%)と回答しました。年代が上がるにつれ「取れている」の割合が低くなる傾向です。「職場でコミュニケーションが取れている」「どちらかといえば取れている」と回答した方に、コミュニケーションはどんな効果があるか伺うと、トップ3は「働きやすさ」(77%)、「チームワーク」(66%)、「仕事の効率」(66%)でした。 「職場でコミュニケーションが取れていない」「どちらかといえば取れていない」と回答した方に、コミュニケーションはどんな影響があるか伺うと、トップ3は「ストレス」(68%)、「チームワーク」(60%)、「働きやすさ」(59%)でした。


【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『エン転職』を利用するユーザー
■調査期間:2020年4月25日 ~ 5月26日
■有効回答数:10,469名


<お問い合わせ先>
エン・ジャパン株式会社
広報担当:大原、松田、清水、西春
TEL:03-3342-6590 FAX:03-3342-8525

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(エン・ジャパン株式会社 / 6月25日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会