企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 人事労務・管理
掲載日:2020/02/05

2020年賃上げの見通し―労使および専門家452人アンケート

民間調査機関の労務行政研究所(理事長:猪股宏)では、1974年から毎年、来る賃金交渉の動向を把握するための参考資料として、「賃上げ等に関するアンケート調査」を、労・使の当事者および労働経済分野の専門家を対象に実施しており、このほど、2020年の調査結果がまとまりましたので紹介いたします。


<調査結果のポイント>
1.2020年の賃上げ見通し(東証1部・2部上場クラス)
全答者452人の平均で「6495円・2.05%」(定期昇給分を含む)となった。賃上げ率は14年以降、7年連続で2%台に乗るとの予測となっている。労使別に見た平均値は、労働側 6639円・2.10%、経営側 6440 円・2.03%で、両者の見通しは近接している。

2.自社における2020年定昇・ベアの実施
20年の定期昇給(定昇)については、労使とも「実施すべき」「実施する予定」が8割台と大半である。ベースアップ(ベア)については、労働側は「実施すべき」が68.6%を占める一方、経営側は「実施する予定」が16.9%にとどまり、「実施しない予定」が49.2%。調査回答時点では「検討中」が19.4%と約2割を占めた。


<調査要領>
1.調査時期 2019年12月2日~2020年1月20日
2.調査対象 8539人。内訳は下記のとおり。
①労働側
東証1部および2部上場企業の労働組合委員長等2060人(労働組合がない企業は除く)
②経営側
全国証券市場の上場企業と上場企業に匹敵する非上場企業の人事・労務担当部長4985人
③労働経済分野の専門家(以下、専門家)
主要報道機関の論説委員・解説委員、大学教授、労働経済関係の専門家、コンサルタントなど1494人
3.回答者数および集計対象
労働側207人、経営側124人、専門家121人の合計452人。ただし、7ページの3.については、労働側240人、経営側155人、専門家126人の合計521人。


※本調査の詳細は、当研究所編集の『労政時報』第3987号(20.2.14)で紹介します。


<本プレスリリースに関する問い合わせ先>
一般財団法人 労務行政研究所 編集部(担当:金岡・上林)
TEL:03-3491-1242

 

◆本調査の詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(一般財団法人労務行政研究所 /2月4日発表・同会プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人事労務・管理(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

POSITIVEが選ばれる理由

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会