ニュース 掲載日:2019/05/17

日本のHRリーダーの半数が、人事部門がデジタル化への転換期を迎えていることを認識。一方、「デジタル化の計画がある」との回答は24%にとどまる~『KPMGグローバルHRサーベイ』日本語版を刊行

KPMGコンサルティング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮原 正弘、以下:KPMGコンサルティング)は、日本を含む世界64ヵ国の企業の人事部門のリーダー(以下、HRリーダー)約1,200名を対象に実施した意識調査の結果をまとめたレポート「KPMGグローバルHRサーベイ 人事部門の未来:先駆者か、それとも傍観者か」の日本語版を刊行しました。


今回の調査からは、HR領域を含む様々な領域でデジタル化が進展するなか、インテリジェント・プロセス・オートメーションや人工知能(AI)に代表されるテクノロジーを活用した新たな試みに積極的に取り組む先進的なHRリーダーが多く存在する一方で、それ以上にデジタルトランスフォーメーションを推進せずに成り行きを傍観するHRリーダーが存在しており、デジタル化へのHRリーダーの対応が二極化していることが明らかになりました。

グローバル全体で約3分の2のHRリーダーが、人事部門がデジタル化への転換期を迎えていることを認識しています。一方で、「デジタル化の計画がある」との回答は、グローバル全体でも半数以下の40%にとどまり、日本のHRリーダーに限っては24%という結果になりました。グローバル全体で10人に4人のHRリーダーが「職場の文化」がデジタル変革の最大の壁であるとしています。


また、AIに関する項目では、人事部門へのAIの導入を既に進めているHRリーダーはグローバル全体で36%にとどまり、半数のHRリーダーは「今後1~2年にAIを導入するかは不透明」あるいは「AIと機械学習への戦略的な対応が整っていない」と回答しており、先進的なHRリーダーたちがAIや機械学習がもたらす効果や価値を認識し取り組みを進めるなか、多くのHRリーダーが対応できていない状況が明らかになりました。


■グローバルの主な調査結果

  • HRリーダーの67%が「人事部門がデジタル化への転換期を迎えている」と回答する一方で、「デジタル化の計画がある」と回答するHRリーダーは40%にとどまる。
  • HRリーダーの70%が「人事部門の要員の変革の必要性がある」と回答する一方で、「自社の要員を変革する能力と人材に自信がある」とするHRリーダーは37%にとどまる。
  • HRリーダーの42%は、今後5年間にAIに対応する体制を整えることは人事部門の最大の挑戦の1つと回答。
  • HRリーダーの41%は「職場文化」がデジタル変革の最大の壁であるとし、また、35%のHRリーダーが現在の職場文化は革新的というよりも職務指向であると回答。

日本語版レポートでは、グローバル全体の調査とは別に、日本のHRリーダーの回答を基に、「人事部門に求められる『価値の提案』とそこにある課題」「EE(従業員エンゲージメント)とEVP(従業員価値提案)にみる『価値』の多様化」「変化ではなく進化する」「人事部門の未来」の4つの項目について、KPMGコンサルティング独自の視点からの考察を交えて解説しています。

■日本のHRリーダーの主な調査結果

  • HRリーダーの73%が「人事部門が組織の戦略的な役割を担っている、または今後担っていく」と認識。
  • 半数のHRリーダーが、人事部門がデジタル化への転換期を迎えていることを認識。一方、「デジタル化の計画がある」との回答は24%にとどまる。
  • HRリーダーの45%が人事部門に期待される役割として「人材の惹きつけ」と回答。一方、その役割を実行するために必要な「従業員価値提案(EVP)」という考え方は浸透しておらず、「EVPが有効である」との回答は15%にとどまる。


詳細はこちら:人事部門の未来:先駆者か、それとも傍観者か デジタル時代に二極化する人事部門


■「KPMGグローバルHRサーベイ 人事部門の未来:先駆者か、それとも傍観者か」について
本調査は、世界64ヵ国、1,201名の人事部門のリーダー層を対象に、2018年7月から8月にかけて実施しました。回答企業は、半数近くが5,000名以上の従業員を有する企業であり、うち42%は収益規模が10億米ドル以上となっています。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(KPMGコンサルティング株式会社  https://home.kpmg/jp/ja/home.html /5月16日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。