企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2018/10/11

転職エージェント部門は全体のロイヤルティ上昇がみられる一方、転職関連サイト部門は各社間の差が大きい結果に~転職業界を対象にしたNPS(R)ベンチマーク調査2018の結果を発表:NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション

NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:塚本 良江、以下NTTコム オンライン) は、転職業界を対象に、顧客ロイヤルティを測る指標であるNPS®ベンチマーク調査2018を実施しました。この結果、最もNPS® が高いのは、転職エージェント部門ではリクルートエージェント、転職関連サイト部門ではIndeed(インディード)となりました。

転職エージェント部門では、上位企業と下位企業のNPS®の差が小さく、各社一定の評価を得る結果となりました。特に、2017年に比較すると、下位企業のNPS®が上がっており、業界全体の底上げが見られました。一方、転職関連サイト部門では、各サイト間のNPS®の差が大きく、ユーザーエクスペリエンスの良さを含め、特徴を打ち出せている上位サイトとその他サイトの差が大きい結果となりました。

 

<調査結果のポイント>

1.転職エージェントNPS®1位はリクルートエージェント、転職関連サイト1位はIndeed(インディード)

転職エージェント6社のうち、NPS®のトップはリクルートエージェント(-33.2ポイント)となり、最下位の企業との差は7.7ポイントでした。また、転職エージェント6社の平均は-37.5ポイントとなり、昨年比+3.7ポイントとなりました。特に、業界全体で求人情報の豊富さや、キャリアアドバイザーへの評価が上がる中、下位企業のNPS®が大幅に伸び、業界全体のNPS®の向上につながりました。

また、今回第1回目の実施となる、転職関連サイトNPS®ベンチマーク調査対象企業6社のうち、NPS®のトップはIndeed(インディード)(-25.5ポイント)となり、最下位の企業との差は34.3 ポイントでした。転職関連サイト6社の平均は-44.5ポイントとなりました。

転職エージェント部門では、NPS®トップ企業とボトム企業との差が7.7ポイントと比較的小さく、各社一定の評価を得た結果となりましたが、転職関連サイト部門では、NPS®トップ企業とボトム企業との差が30ポイント以上となり、特徴が打ち出せている上位サイトと、その他のサイトの間でNPS®に大きな差がみられる結果となりました。
 

2.転職エージェント部門では、キャリアアドバイザーの力量が推奨度に大きく影響。1位企業は豊富な求人情報とキャリアアドバイザーに高評価

要因別に満足度と重要度を分析したところ、転職エージェント部門では、「求人案件の質の高さ」といった求人内容に関する部分と、「自分にあった案件を紹介してくれる」や「応募先企業との交渉力」など、キャリアアドバイザーに関連した項目において、重要度が高いにもかかわらず、満足度が伸びなかった(重要度と満足度のギャップが大きかった)ことがわかりました。キャリアアドバイザーに関連する項目は、2017年と比較すると、満足度が上昇しているものの、期待値も高く、依然としてギャップ項目上位となりました。

また、転職エージェント部門におけるNPS® 1位のリクルートエージェントは、求人内容への高い評価とともに、キャリアアドバイザーのカウンセリング力やレスポンスのよさが高く評価されていました。
 

3.転職関連サイト部門においては、情報の信頼性向上に期待

転職関連サイト部門において、要因別の満足度と重要度を分析したところ、「年収、役職など希望にあった転職の実現」に加え、「求人案件の情報の信頼性」が重要度と満足度の差の大きいギャップ項目となっていました。「求人案件の情報の信頼性」は、要因別の満足度では3位と高評価だったものの、同時に重要度が最も高い項目でもあり、更なる向上を期待されている結果となりました。

また、転職関連サイト部門におけるNPS® 1位のIndeed(インディード)は、求人情報の質量および、検索のしやすさなどのユーザーエクスペリエンスで突出した評価を得ており、高いロイヤルティを実現する結果となりました。

 

※調査結果の詳細はこちらからご覧ください

 

<調査概要>

【転職エージェント部門】
調査対象企業(アルファベット順、50音順): DODA(デューダ)エージェントサービス、エン エージェント、ジェイエイシーリクルートメント、パソナキャリア、マイナビエージェント、リクルートエージェント
調査対象者: インターネットリサーチモニターのうち上記転職エージェントに登録した人(過去3年以内)
調査方法: NTTコム リサーチ*による非公開型インターネットアンケート
調査期間: 2018年8月21日(火)~2018年8月30日(木)
有効回答者数: 1,301名
回答者の属性:
【性別】男性:70.0%、女性:30.0%
【年代】20代以下:29.1%、30代:32.9%、40代:18.8%、50代:10.8%、60代以上:8.4%

 

【転職関連サイト部門】
調査対象企業(アルファベット順、50音順):BIZREACH(ビズリーチ)、DODA(デューダ)、Indeed(インディード)、エン転職、マイナビ転職、リクナビNEXT
調査対象者: インターネットリサーチモニターのうち上記転職関連サイトを利用した人(過去3年以内)
調査方法: NTTコム リサーチ*による非公開型インターネットアンケート
調査期間: 2018年8月21日(火)~2018年8月30日(木)
有効回答者数: 1,306名
回答者の属性:
【性別】男性:62.9%、女性:37.1%
【年代】20代以下:25.0%、30代:28.6%、40代:22.4%、50代:12.0%、60代以上:12.0%

 

本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社 https://www.nttcoms.com/ /10月10日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ インディードの採用ノウハウを無料公開

ニュースアクセスランキング

<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-」を11/13・14・15・16・20・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。