ニュース
人事サービス 人事労務・管理
掲載日:2018/08/24

あらゆる休職者のサポート、管理をおこなう代行サービス~『休職者トータルサポートサービス』を提供開始/ペイフォワード、ヒューマン・タッチ

健康経営サービスを提供するペイフォワード株式会社(本社:東村山市/代表取締役:渡邉健太郎)は、2018年8月1日付けで総合メンタルヘルス事業を展開する株式会社ヒューマン・タッチ(本社:船橋市/代表取締役:森川 隆司)と業務提携を締結したことをお知らせいたします。2018年9月1日より、企業に代わって休職者のサポート、管理を行う代行サービスの提供開始をいたします。

両社が保有する経験、サービスを活用して、あらゆる休職者のケースに合わせて適切な対応、サポートを企業に代わっておこなう包括サービスを提供いたします。
法人様に合わせた休職時に必要なサービスをパッケージでご提供いたします。
さまざまな事例をもとに対応するため、その企業にとって初めてのケースでも社内リソースを割かず、適切かつ円滑に対応することができる内容となります。
なお、サービス提供開始に合わせて、企業が抱える「休職者対応リスク診断」を無料でおこなっております。


【背景】
2025年には団塊世代すべてが後期高齢者となる75歳以上となり、本格的な超高齢化社会に突入いたします。
介護リスクは75歳以上で約7人に1人の割合で発生すると言われています。言い換えれば、その子供である団塊Jr.世代(40代)の社員も同じ確率で介護者(要介護者の援助をおこなう家族)となります。そしてそれは今後さらに拡大することとなります。
産休、育休とは違い、介護は突如起こり、介護期間も平均で約5年と言われています。
さらに人手や施設不足のため、介護環境は東京都心から厳しくなると予想されており、東京勤務者から在宅介護が前提の生活が求められます。
そして、超高齢化社会によって起こる企業にとってのリスクは以下と予想されます。

1.東京勤務ミドル層(40~50代)の突然の離脱(休職・離職)
2.経験豊富なミドル層(40~50代)の人材獲得のさらなる激化
3.介護者である従業員のうつリスク(介護うつ発生率は約4人に1人)

産休、育休も年々出産年齢が上がってくることで、社内で重要な役割を担う30代、40代の休職が今後さらに拡大、多岐に渡ることが予想されます。
そのような超高齢化社会に対して、当社と株式会社ヒューマン・タッチを中心に、産・育休、介護休暇、メンタル疾患休職など、さまざまなケースに応じて「メンタル予防」「メンタルケア」「復職支援」「管理代行」といった側面でトータルにサポートできるサービスを開発いたしました。
当サービスを利用することで休職者への円滑な支援が実現し、復職率の向上、離職防止、働き方改革の推進、そして人事・労務リソースの削減が期待されます。
 

【休職者トータルサポートサービス特徴】
-サービス事例-

メンタル予防:産後ママ・介護者向け訪問マッサージ、ストレスチェック、メンタル予防の企業内プランの作成
メンタルケア:臨床心理士によるカウンセリング、家族へのカウンセリング
復職支援:現場体験プラン、カウンセリング、フォローアップ
管理代行:定例面談、休職支援(各種手続き)、レポーティング
※上記以外のサービスも含めて企業様の状況に合わせたプランをご提案いたします。
(休職者対応リスク診断は無料でご提供しております)

 

<本件に関するお問い合わせ>
ペイフォワード株式会社
TEL:03-4400-2737
E-Mail:info@office-relax.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ペイフォワード株式会社 http://www.payforward.pro/ / 株式会社ヒューマン・タッチ http://www.human-touch.co.jp/ / 8月21日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。