企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2018/07/19

働き方改革で会社全体の働き方が変わったと感じる人は47%。取り組み内容は「有給休暇取得の推進」「長時間労働の見直し」など“労働時間”に関するものが上位に~『勤め先における働き方改革の取り組み状況や、現在の意識に関する調査』:マクロミル

先月6月29日に、働き方改革関連法が「残業時間の上限規制」「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」「同一労働同一賃金」の導入を柱として参院本会議で可決され成立。2019年4月から順次、適用が開始されます。内閣官房に「働き方改革実現推進室」が設置されてから約2年で、企業の働き方改革はどの程度進んだのでしょうか? 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は全国の20~59歳の会社員(民間企業に勤める、役職者を除く正社員)1,000名に、勤め先における働き方改革の取り組み状況や、現在の意識を調査しました。

 

■Topics
・勤め先が、働き方改革に「取り組んでいる」3割。“取り組んでいる”とは回答できない人が6割
・働き方改革の取り組み内容、「有給休暇取得の推進」「長時間労働の見直し」など、“労働時間”に関するものが上位に
・“長時間労働の見直し”による変化、「家族と過ごす時間が増えた」24%、「休養が充分とれるようになった」20%などポジティブな回答が多い中、「給与が下がった」とネガティブな変化を挙げる人も21%
・働き方改革で、「会社全体」の働き方が変わったと感じる人は47%、「自分自身」の働き方も変わったと感じる人が35%
・高度プロフェッショナル制度(高プロ制度)、「賛成」3割、「反対」3割、「わからない」4割

 

■調査結果
【1】勤め先が、働き方改革に「取り組んでいる」3割。“取り組んでいる”とは回答できない人が6割

民間企業に勤める正社員(一般社員)1,000名に対して、勤め先が「働き方改革」に取り組んでいるかを尋ねたところ、「取り組んでいる」と回答した人は37%でした。一方、「取り組んでいない」は5ポイント高い42%で、取り組んでいるかどうか「わからない」という人も21%存在しました。”勤め先が、働き方改革に取り組んでいる”とは回答できない人が63%という結果です。

 

【2】働き方改革の取り組み内容、「有給休暇取得の推進」「長時間労働の見直し」など、“労働時間”に関するものが上位に

どのような働き方改革の取り組みが実施されているのか、14個の取り組みを選択肢に挙げ、再度全体に対して実施状況を尋ねました。

実施されている取り組みの上位2つは、「有給休暇取得の推進」36%、「長時間労働の見直し」31%となっており、従業員の“労働時間”に関する取り組みを進める民間企業が多いようです。3番目、4番目にも「業務効率化の推進」「フレックス勤務」といった労働時間に関するものが挙がりました。

また、前段【1】において、勤め先が働き方改革に取り組んでいない、取り組んでいるかどうかわからないと回答した人が63%いましたが、具体的な取り組み内容を選択肢で挙げ回答してもらったところ、「いずれの制度も取り組んでいない」という回答は33%と大きく減少しました。これら取り組みが、働き方改革に関するものだと認識されていない場合も多いようです。

 

【3】“長時間労働の見直し”による変化、「家族と過ごす時間が増えた」24%、「休養が充分とれるようになった」20%などポジティブな回答が多い中、「給与が下がった」とネガティブな変化を挙げる人も21%

「長時間労働の見直し」に取り組む企業に勤める308名に、どのような変化があったのか尋ねました。回答が多かった順に、「家族と過ごす時間が増えた」24%、「給与が下がった」21%、「休養が充分とれるようになった」20%、「趣味や習い事をする時間が増えた」19%、「業務時間中の集中力が高まった」14%が上位5位となっています。

長時間労働が減り、ワーク・ライフ・バランスの“ライフ”の時間が増えたことによるポジティブな回答が多い一方で、「給与が下がった」というネガティブな回答も…。また、「何も変わっていない」という人も33%存在していました。

 

【4】働き方改革で、「会社全体」の働き方が変わったと感じる人は47%、「自分自身」の働き方も変わったと感じる人が35%

2019年4月の働き方改革の適用開始に向け、具体的な取り組みを推進したり制度を整備したりする企業が増えることが予想されます。では、現時点で、企業の働き方改革によって、実際に「働き方が変わった」と感じている人はどの程度いるのでしょうか。

働き方改革に取り組む企業に勤める371名のうち、“会社全体”の働き方が変化したと感じる人は約半数の47%に達し、変化を感じない人は15%でした。また、“自分自身”の働き方が変化したと感じる人も35%いて、変化を感じない人は26%という結果でした。

 

【5】高度プロフェッショナル制度(高プロ制度)、「賛成」3割、「反対」3割、「わからない」4割

働き方改革関連法の3本柱の1つ、「高度プロフェッショナル制度(以降、「高プロ制度」)」は、別名「ホワイトカラー・エグゼンプション」「残業代ゼロ法案」とも呼ばれ、年収1,075万円以上の一部専門職の方が労働時間に関する既存の保護から外され、残業代や深夜・休日労働の割増賃金が支払われなくなる制度です。民間企業に勤める一般社員の皆さんは、この高プロ制度に対してどのような考えを持っているのでしょうか。

高プロ制度について賛否を尋ねたところ、「賛成」32%、「反対」30%でほぼ同数でした。また、「わからない」という方も38%存在しています。

 

▼その他の調査結果は、以下のサイトからダウンロードいただけます。
市場調査メディアHoNote(ホノテ)
 

<調査概要>
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20~59歳の民間企業に勤める正社員のうち一般社員(マクロミルモニタ会員)
割付方法:事前調査の「正社員(一般社員)」出現率で、性年代を割付/合計1,000サンプル
調査期間:2018年6月14日(木)~2018年6月15日(金)

※本文の数値は四捨五入した整数で表記しています。
※百分率表示は四捨五入の丸め計算をおこなっており、合計が100%とならない場合があります。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社マクロミル https://www.macromill.com/ /7月17日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

高尾の森わくわくビレッジ 学びを可視化する ビジログ

ニュースアクセスランキング

<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?
new

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-」を11/13・14・15・16・20・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。