企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[人事サービス]

2018/07/02

卒業後の進路が確定した大学生/大学院生は9割半ば。就職予定先を最初に認知した経路は「民間就職情報会社の情報サイト・情報誌・イベント」が4割前後で最も高い~『2018年卒学生の就職活動の実態に関する調査』:全国求人情報協会

公益社団法人全国求人情報協会の専門部会である「新卒等若年雇用部会」は、調査・研究活動の一環で、民間企業・団体への就職活動を経験した全国の大学4年生・大学院2年生を対象とするアンケート調査を実施し2018年卒学生の就職活動実態をまとめましたので、ご報告します。

 

<TOPICS>
● 卒業後の進路が確定した大学生/大学院生は9割半ばで、前年よりも高い。
● 就職先確定者の就職先への満足度は、大学生/大学院生ともに9割前後で、前年同様に高い。
● 就職先確定者が就職予定先を最初に認知した経路は、大学生/大学院生ともに「民間就職情報会社の情報サイト・情報誌・イベント」が4割前後で、最も高い。
● 大学生の志望勤務地は、都市部(首都圏・非首都圏)派が5割半ばで前年より増加したが、地方派は1割半ばで前年より減少した。
● 大学生の志望従業員規模は、大手派が5割半ばで前年より増加したが、中堅・中小派は2割強で前年より減少した。

 

<調査の概要>
1)調査目的:大学生や大学院生の就職活動の実態を把握し、関係各位の参考に供する。
2)調査対象:民間企業・団体への就職活動を在学中に経験した(※)全国の大学4年生・大学院2年生956名 ※就職活動の経験者を、プレエントリー(資料・採用情報の請求)、説明会、書類選考、対面選考のいずれか1つ以上の経験者と定義した。当該の条件を満たす904名で集計を実施
3)調査時期: 2018年3月17日~28日
4)調査方法:インターネット調査(調査実施機関:株式会社マクロミル)―マクロミル社のモニターにスクリーニング調査を行って対象者を抽出し、学校種別、性別、専攻系統(文理)の構成比が母集団に近づくよう、「文部科学省学校基本調査」の数値を参照し、ウェイトバック集計を行った。

 

<お問い合わせ先>
公益社団法人全国求人情報協会 業務部・佐藤日出男 
Tel03-3288-0881 cyousa@zenkyukyo.or.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(公益社団法人全国求人情報協会 https://www.zenkyukyo.or.jp/ /6月29日発表・同協会プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ

ニュースアクセスランキング

<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-」を11/13・14・15・16・20・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。