企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[人事サービス]

2018/05/02

ファッション・コスメ業界、学生就業スタッフが昨年対比 約2倍に。「多様な働き方ブーム」で短時間就労ニーズ増の兆し~『ファッション・コスメ業界の人材会社iDA調査』:iDA

ファッション・コスメ業界に特化した人材会社株式会社iDA(アイ・ディ・エー、代表取締役社長加福真介)は、2017年3月~2018年2月までの、学生派遣スタッフが、2016年3月~2017年2月までの、およそ2倍となりましたことをお知らせします。要因として、

1)「多様な働き方」を推進し産休・育休を取得する社員の休暇期間の労働需要が高まった。募集が増えたことから就業者も増えた

2)学生は、バイトより時給がいいことから派遣を選んでいる。

などといった理由であると考えております。特にコスメ業界では「サポート業務」の増加から、短時間業務ニーズが高まっています。

 

■背景1「お仕事募集ニーズ増加」
iDA 取締役 浮田勝弘
「ブランド企業で「多様な働き方」を推進し、産休・育休を取得する社員の休暇期間を補填する労働需要が高まっています。これまで学生スタッフは、就業時間が限定されることから就業に結びつかない場合も多くありました。しかし需要に合わせた人材が集まらず、夕方以降のみ勤務・週半分勤務もOKなど、人選基準が下がっています。」

 

■背景2「学生の就労イメージ変化」
iDA マーケティングdiv.ディレクター 渡邊 佑樹
「就職に有利になるために、学生時代から就職希望のブランドで働くという学生もいますが、実はこの層は、一定層いるものの増えている印象はありません。バイトより時給がいいことから派遣を選んでいることに加え、派遣で働くイメージ自体にネガティブなイメージを持っていないのではないかと推測します。今後学生スタッフは更に増加するのではないかと分析しています。」

 

■特にコスメ企業で顕著
iDA 営業推進本部 SP div.マネージャー 角田 睦美
「コスメ企業は特に雇用の確保に敏感で、多様な人材を活用するため、週2~3勤務希望や夕方のみの勤務希望なども受け入れる体制を積極的に整備している印象があります。就業後も、まずサポート業務(※1)に就いて頂き、双方の同意があれば美容部員として就業頂くなど、学生側もブランド側も、メリットがあるように利用しています。上手に活用されている企業は、売上も伸びていらっしゃるように思われます。」

 

■2016年度・2017年度学生就業スタッフ比較
2016年度:長期スタッフ:569/ハーフ勤務:109
2017年度:長期スタッフ:1071/ハーフ勤務:613

調査期間:2016年度…2016年3月1日~2017年2月29日、2017年度…2017年3月1日~2018年2月29日
調査方法:株式会社iDA 全国の就業スタッフの中で専門学生・短大生・大学生の、1ヵ月あたりの就業人数を合計。
※長期勤務…1ヵ月間、週5回をベースに就業する派遣スタッフ
※ハーフ勤務…週3回以下を目安に就業する派遣スタッフ

※1:サポート業務
店舗において、接客を行う販売員、美容部員を補佐する役割として、販促品を作る業務、アテンド業務、店頭全般の総務全般行う付帯業務などがあります。これまでは販売員、美容部員が掛け持ちで行っていましたが、このほど分業化が進んでおり、接客業務とサポート業務を分けるブランドが増えてきました。

 

◆本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(株式会社iDA https://www.ida-mode.com/company/ /5月1日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

19卒採用支援ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題と...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。