企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2018/03/02

「2018 J-Winダイバーシティ・アワード」大賞はアフラック、準大賞はサントリー~ダイバーシティ&インクルージョンの先進企業を表彰:J-Win

NPO法人J-Win(ジェイウイン 東京都千代田区、理事長:内永 ゆか子)では2008年より「J-Winダイバーシティ・アワード」を設け、ダイバーシティ&インクルージョン (以下D&I)を推進している先進企業を表彰することで企業におけるD&I推進を加速することを目的とし、毎年実施してまいりました。本年で第11回を迎え、内閣府、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、日経ウーマノミクス・プロジェクト、他のご後援をいただきました。

今回の「J-Win ダイバーシティ・アワード」には、企業におけるダイバーシティ&インクルージョン(以下D&I)を推進し、女性リーダーを継続的に輩出している先進企業を表彰する「企業賞」と、企業においてD&I推進と定着に顕著な貢献をした個人を表彰する「個人賞」があります。本年度企業賞には「アドバンス部門」に10社、「ベーシック部門」に46社、合計で56社の応募がありました。

以下「2018 J-Winダイバーシティ・アワード」受賞企業と授賞理由を発表いたします。

 

2018 J-Winダイバーシティ・アワード授賞発表

1.企業賞
2018 J-Winダイバーシティ・アワード 
大賞 :アフラック

<授賞理由>
「活力ある企業風土の醸成」実現のために、経営トップのリーダーシップのもと、トップから各部門に至るまで、PDCAを回す強固な推進体制を短期間で整え、多くの施策を実施し、意思決定を行う管理職層における女性リーダー輩出を心がけている。加えて、各部門における推進状況の偏りがなく、自主的な活動へと進化しており、さらなる発展が期待できる。

 

2018 J-Winダイバーシティ・アワード 
準大賞 :サントリーホールディングス株式会社
<授賞理由>

創業の精神のもと、多様性がイノベーションの源であると明確に宣言し、ONE SUNTORYとして一体となってD&Iを推進している。女性ネットワークの構築や柔軟な働き方など企業の風土改革を推し進める中で、社員それぞれが、立場、職位、性別などの違いを活かして、お互いが自発的に行動しており、さらなる進展が期待できる。

 

2018 J-Winダイバーシティ・アワード
ベーシックアチーブメント大賞 :全日本空輸株式会社
<授賞理由>

グループ行動指針「ANA's Way」のもと、「ANAグループダイバーシティ&インクルージョン宣言」を発信し、経営トップの強い覚悟とリーダーシップで、グループ全体を巻き込んだ推進体制を整え、経営層から管理職、現場の社員に至るまでダイバーシティの価値を受け入れる組織風土を醸成している。加えて、多様な職種にICTを活用し、働き方や組織風土の変革に積極的に取り組んでいる。力強い取組により一層の推進が期待できる。

 

2018 J-Winダイバーシティ・アワード 
ベーシックアチーブメント準大賞 :新日本有限責任監査法人
<授賞理由>

経済環境の複雑化、クライアントニーズの多様化が進む厳しい環境の中で、ダイバーシティを要として、持続的な成長を目指し、さらなる高いサービス品質を生み出すために、全社一丸となってD&I推進に取り組んでいる。その着実な取組から今後さらなる推進が期待できる。

 

2.個人賞

2018 J-Winダイバーシティ・アワード 個人賞
経営者アワード : 日本航空株式会社
代表取締役社長 植木 義晴 様
<授賞理由>

「全社員の物心両面の幸福を追求する」という企業理念の実現に向け、ダイバーシティ推進を重要な経営課題の一つとして位置付け、明確なメッセージを発信し、自らが推進のエンジンとなり、ダイバーシティ推進を加速させている。加えて、社長直轄のクロスファンクショナルチーム「JALなでしこラボ」を始動させ、グループ一丸となった女性活躍推進の拡大・浸透を進めている。その強い覚悟と強力なリーダーシップは称賛に値する。

 

2018 J-Winダイバーシティ・アワード 個人賞
リーダー・アワード :アフラック
専務執行役員 営業・マーケティング部門統括担当 有吉 浩二 様
<授賞理由>

営業部門の統括責任者として、ダイバーシティ推進の価値を理解し、女性の活躍が困難とされていた営業部門に対して、業務プロセスを可視化するシステムを整備。女性が活躍できる職域拡大の仕組みを構築し、会社全体の持続的な成長につなげている。その行動力とリーダーシップは、リーダー・アワードに値する。

* 企業賞における第一次審査の結果、D&I推進の実績と取組状況が進んでいることが伺え、先行企業として模範となる企業(ファイナリスト)は、以下の通りです。(企業名 50音順)

【アドバンス部門】
 ・アフラック
 ・サントリーホールディングス株式会社
 ・ソニー株式会社
 ・株式会社千葉銀行
 ・日本航空株式会社
 ・株式会社りそなホールディングス

【ベーシック部門】
 ・SGホールディングス株式会社
 ・新日本有限責任監査法人
 ・全日本空輸株式会社
 ・株式会社ゆうちょ銀行

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(NPO法人J-Win http://www.j-win0.jp/ / 3月2日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング 研修費ゼロの人材育成

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


事業所内保育施設を作る強い味方!<br />
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

事業所内保育施設を作る強い味方!
内閣府が主導する「企業主導型保育事業」とは

2016年4月に内閣府が「企業主導型保育事業」をスタートしました。これ...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」を11/7・12・13・14・15・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会