無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2017/12/20

今後採用したい外国人留学生/高度外国人材の出身国・地域は、ともに「東南アジア」が第1位~『外国人留学生/高度外国人材の採用に関する企業調査(2017年12月)』:ディスコ

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、全国の有力企業を対象に、日本の大学または大学院に留学する外国人留学生の採用実態を中心に、日本で勤務する高度外国人材(大学卒以上)の採用や活用、課題等を調査しました。(調査時期:2017年11月27日~12月5日、回答社数:611社)

 

<調査結果>(抜粋)

1.外国人留学生の採用(新卒)

[1] 外国人留学生の採用状況
調査に回答した企業のうち、大卒以上の高度外国人材の雇用経験をもつ(または雇用予定のある)企業は63.2%。高度外国人材雇用企業のうち、2017年度(2017年4月~2018年3月入社)に外国人留学生を「採用した」企業は、予定を含め全体の35.4%。また、2018年度(2018年4月~2019年3月入社)の採用を見込んでいる企業は57.8%に上る。 従業員規模別に見ると、2018年度の採用見込みは、すべての規模で2017年度の採用実績を上回り、半数を超える。特に、1000人以上の大手企業において伸びが大きい。 また、製造業・非製造業別で見ても、両者とも採用見込みが実績を上回る。2018 年度の採用を予定している企業は、製造業58.0%、非製造業57.6%で、いずれも6割近い。高度外国人材の採用は企業属性に関わらず、一般化してきた様子が見て取れる。

 

[3] 外国人留学生を採用する目的と、求める資質
外国人留学生を採用する目的を文理別で尋ね、前年調査と比較した。文系では「優秀な人材を確保するため」が最も多く約 7 割(71.0%)と、前年より 6.9 ポイント増加した。割合は多くないものの「日本国内の新卒採用だけでは充足できない数的補完のため」が約10ポイント伸びている。理系でも「優秀な人材を確保するため」が圧倒的に多く約8割(79.7%)。前年より約10ポイント増。 外国人留学生に求める資質については、文系・理系とも「コミュニケーション能力」が1位(文系62.9%、理系50.3%)、「日本語力」が2位(文系51.2%、理系48.5%)だった(データは次ページ)。 優秀であるのはもちろんのこと、外国人である強みを活かしつつ、日本語でのコミュニケーション力を発揮できる人材を求めていることが読み取れる。

 

[5] 外国人留学生の出身国(地域)
外国人留学生の出身国(地域)を、2017年度の実績と今後に分けて尋ねた。2017年度の実績が最も多いのは「中国」(62.6%)。ただし今後については50.8%にとどまる。一方、「東南アジア」は、2017年度実績は 32.3%だが、今後採用したいと回答した企業は 75.4%に上り、高いニーズが読み取れる。「東南アジア」の詳細を見ると、特に「ベトナム」が高く、2017年度の実績で19.2%、今後採用したい企業は32.8%と3割を超える

 

3.外国人社員共通

[1] 外国人社員の受け入れと採用活動の課題
最後に、外国人社員の受け入れのために行っていることや、さまざまな課題、定着に向けての処方となるデータを紹介したい。 まず、外国人社員受け入れのための社内的な取り組みについて尋ねた。「いずれも実施しておらず、実施予定もない」が 38.2%、「いずれも実施していないが、今後は実施したい」が 36.1%と、合わせて 7 割を超える企業(74.3%)が現状では取り組みを行っていなかった。実施している取り組みで最も多いのは、「外国人社員への日本語コミュニケーション能力の研修」(13.0%)で、このデータからも日本語によるコミュニケーションが外国人材活用の鍵と捉えられていることがうかがえる。 採用活動における課題で多いのは、「社内の受け入れ体制が未整備」45.0%、「優秀な学生の能力判定が難しい」34.3%、「求める日本語コミュニケーション能力を有する人材が少ない」29.0%など。高度外国人材の採用が増えていく中で、手探りで進めている企業も少なくないようだ。

 

[2] 外国人社員の退職理由と活用課題
雇用していた外国人社員の退職理由を尋ねてみた。最も多かったのが「母国へ帰国するため」(49.8%)で、続いて「キャリアアップのため」33.2%、「仕事への適性の問題」19.6%などが挙がった。日本の企業文化や雇用慣行に起因する退職は比較的少ないものの、今後日本企業がグローバル化を押し進めて行く中で、越えなければならない壁だと言える。外国人社員の活用に向けた課題は数字が分散しているが、回答が多いのは「海外人材を活用できる日本人管理者の不足」41.5%、「社内での日本語コミュニケーション能力の不足」34.7%、「キャリア形成の考え方と乖離」23.8%など。外国人社員を定着させ、さらに活躍してもらうためには、受け入れ体制を整備し、双方が納得できるキャリアパスを設定することが欠かせないと言える。

※調査詳細は同調査レポートをご覧ください。

 

<本リリースに関するお問合せ先>
株式会社ディスコ 社長室 広報担当
Tel:03-4316-5500 Email:pr@disc.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ディスコ http://www.disc.co.jp/ /12月19日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。