企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2017/11/21

職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある人は5割半ば。ハラスメントを受けたものの「誰にも相談しなかった」4割強~『ハラスメントと暴力に関する実態調査』:日本労働組合総連合会

日本労働組合総連合会(略称:連合、所在地:東京都千代田区、会長:神津里季生)は、職場やプライベートにおけるハラスメントと暴力に関する実態を把握するため、2017年10月26日~10月27日の2日間、「ハラスメントと暴力に関する実態調査」を、インターネットリサーチにより実施し、全国の18歳~69歳の有職男女1,000名の有効サンプルを集計しました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)

 

・職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある人は5割半ば
・配偶者から暴力を受けたことがある女性では3人に1人以上、男性も4人に1人が経験
・交際相手から身体的暴力を受けた人の半数近くが「生命の危険を感じた」と回答
・配偶者や交際相手などからの暴力による影響は仕事面にも“仕事のやる気がなくなる
・ミスが多くなる”は4人に1人、“仕事をやめた”は10人に1人

 

<調査結果(抜粋)>
◆職場でのハラスメント

・職場でハラスメントを受けた・見聞きしたことがある人は5割半ば
パワハラが45%と最も多く、次いでセクハラが41%、ジェンダーハラスメントも25%にのぼる。マタハラは21%、ケアハラスメントは20%、SOGIハラスメントも14%に
・職場でのハラスメントは「上司や先輩」から受けているケースが最も多い
・ハラスメントを受けたものの「誰にも相談しなかった」4割強
・ハラスメント被害の相談相手「職場の上司や人事担当者、同僚」が6割
・ハラスメント被害を相談しても、半数近くが「親身に聞いてもらえたが具体的な対応に進まなかった」
・職場のハラスメントが原因で起こった生活上の変化「仕事のやる気がなくなった、ミス・トラブルが増えた」が約5割、「仕事をやめた・変えた」は約2割
日常生活にも支障「心身に不調をきたした」は3割強、「夜、眠れなくなった」は約2割

◆暴力やハラスメントの被害者への支援
・暴力やハラスメントの被害者のために必要な支援男性では「職場での適切な対応」が最多女性では「職場以外に相談相手がいること」が最多
・暴力やハラスメントの被害を相談しやすくすると思う公的サービス「相談に関する安全やプライバシーの確保」「窓口や支援内容の積極的な広報」「身近な窓口の増設」

 

◆本調査の詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(連合(日本労働組合総連合会)http://www.jtuc-rengo.or.jp/ / 11月16日発表・同会プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会