ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2017/11/08

バックオフィス最大の難敵は紙文化!? 「業務効率が悪い」と感じる人事労務担当者の6割強が「紙の書類管理が煩雑」と回答:SmartHR

株式会社SmartHRは、人事労務担当者・経営者を対象に、「働き方の課題」に関するアンケート調査を実施しました。

 

■調査結果サマリ
「業務効率が悪い」と感じる人事労務担当者の6割強が「紙で管理している書類が煩雑」と回答し、最多に
・これは「業務効率が悪い」と感じていない担当者と比べ2倍以上の割合
・紙で管理せざるをえない理由として「管理職が紙での管理をあてにしている」「電子化が進んでいない」などの声が挙げられた

 

調査の背景
2017年3月に策定され、その動向が注目を集める「働き方改革実行計画」。これからの日本経済、そして企業の成長を考える上で重要な課題に位置づけられています。

特にここ最近は、「働き方改革」という言葉を耳にしない日はないと言っても過言ではありません。

そのような背景を受け、「働き方」について人事労務担当者がどのような課題感を抱いているのか、アンケート調査を実施しました。

まず、長時間労働の削減が大きな課題として挙げられていますが、その要因としては「業務効率の悪さ」が考えられます。これを深掘りするべく、業務効率が悪いと思っている人事担当者が「働き方の課題」だと感じている要因を調査しました。

 

調査結果と考察
最も大きな課題となったのが、「紙で管理している書類が煩雑」(61.2%)であること。

これは「業務効率が悪い」と感じている回答者とそうでない回答者とで2倍以上の差となっています。

また、「紙で管理している書類が煩雑」と回答した人の声として、「管理職が紙での管理をあてにしている」「電子化が進んでいない」などが挙げられており、内的な要因が障壁となって、人事労務管理業務の電子化・効率化をなかなか進められていない可能性があると推測できます。

しかし、社会全体で労働時間を削減していこうという潮流のなかで、この先、日本は労働人口の減少という大きな課題を抱えます。つまり、働く人が減り、働く時間も縮小される中で、いかに時間あたりの成果を最大化させるかが、これからの時代のカギを握ると考えられます。

そんな中、まさに人的資源に携わる人事部門は、経営戦略を強く推進するひとつの中枢になり得る存在と言えます。

働き方改革においては、この人事労務部門から着手することが、成功のポイントのひとつになるのかもしれません。

 

<調査概要>
調査方法:インターネットによる調査
調査期間:2017年9月1日(金)~9月4日(月)
調査対象:首都圏の人事労務担当者
有効回答数:216サンプル
質問項目:あなたがお勤めの会社の「働き方」の課題の中で、あてはまるものをお知らせください。(複数選択可)

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社SmartHR https://smarthr.co.jp/ /10月31日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。