無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
企業人事部 その他企業人事部
掲載日:2017/06/12

健康経営 第二弾。クアオルトを活用し社員の健康を応援~全社員が1泊2日のクアオルトプログラム体験:損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(社長:髙橋 薫)は、全社員約3,200名を対象としたウェアラブル端末配布に続く第二弾の取組みとして、5月からクアオルト(※1)を活用した全社員の健康応援施策を行います。生命保険会社として、全社員にクアオルトプログラムによる健康増進を促すことは初めての取り組みです。

 

※1: クアオルトとは…
クアオルト(Kurort)とは、ドイツ語でクア(Kur)「治療・療養、保養のための滞在」とオルト(Ort)「場所・地域」という言葉が合わさった「健康保養地・療養地」の意味。日本型クアオルトは自治体が主体となり、自然環境を活用した質の高い滞在型の健康保養地を目指しています。現在、全国8市町村で、自然環境を活用した健康増進に向けたウォーキングの実施や、地場産食材を使った栄養バランスの優れた料理の提供、温泉施設との連携などがプログラム化されており、地域住民や来訪者の健康支援に取り組んでいます。

 

1.背景・経緯
当社は、中期経営計画において、“お客さまと保険”という関係性の枠を超えて、永くお客さまに寄り添い、健康に関する新たな価値を提供する「健康応援企業」への変革を目指しています。その実現に向けて、まず社員一人ひとりとその家族の健康維持・増進が不可欠であるとの考えのもと「健康経営」を実践し、第一弾として、昨年ウェアラブル端末を全社員に配布し、社員の健康維持と増進に取り組んでまいりました。

今般、社員とその家族の一層の健康維持と増進を図り、そこで得た知見を、お客さまの健康応援に活用することで、広くお客さまの健康を応援する「健康応援企業」としてのブランドを確立するため、健康経営の第二弾の取り組みとして、クアオルトプログラムに全社員3,200名が参加します。

 

2.具体的な取組み

(1)3,200名全社員の1泊2日クアオルト体験
日本クアオルト協議会加盟自治体(※2)と連携し、全社員がクアオルトプログラムに参加します。参加者には会社が一部費用補助を行い、社員の健康維持・増進のための知見を高めます。

(2)社員への宿泊型新保健指導プログラムの導入
通常の保健指導では改善が見られない社員を対象に、宿泊型新保健指導プログラム(※3)を実施します。1泊2日の宿泊プログラムと6ヵ月間の専門スタッフによる継続支援を行うことで、意識・行動変容を促します。

 

3.取組みの目的

(1)「健康応援企業」としての進化
会社として、全社員が健康維持・増進に取組む環境を整備し、促進するために、クアオルトを活用します。社員一人ひとりが、クアオルトプログラムを実体験することで、健康維持・増進のための実践的な知識を身につけます。

(2)日本一活力ある企業風土創り
クアオルトの取組みを職場単位で参加することを推奨し、職場内コミュニケーションを活性化させることで、日本一活力ある企業風土づくりを目指します。

(3)保険事業へのノウハウの蓄積
クアオルト活用による社員への健康貢献効果を検証することで、お客さまの健康応援支援サービスの付加価値とすることを検討します。本場ドイツではクアオルトでの治療・滞在に係る費用が医療保険に適用されています。日本型クアオルトの普及・拡大を進める自治体と協力しながら、お客さまへ新たな価値の提供を目指します。

 

4.今後について
当社は、日本クアオルト協議会加盟自治体と連携し、日本型クアオルトの普及・拡大に取り組みます。また、健康サービスブランド「Linkx(リンククロス)」を通じて、Linkx会員の皆さまにクアオルトに関する情報発信を行うとともに、サービスの提供について検討を進めてまいります。

 

※2: 日本クアオルト協議会加盟自治体
  ・山形県 上山市
  ・大分県 由布市
  ・和歌山県 田辺市 
  ・石川県 珠洲市
  ・新潟県 妙高市
  ・島根県 大田市
  ・秋田県 三種町
  ・群馬県 みなかみ町

※3: 宿泊型新保健指導プログラム
特定保健指導対象者や糖尿病予備軍等を対象に、旅館等の宿泊施設や地域の観光資源を活用した運動や食生活の「体験型」の保健指導。保健師、管理栄養士、健康運動指導士が連携して、宿泊プログラムを実施し、その後、6ヵ月間の継続支援を提供する新たな保健指導プログラム。

 

◆本リリースの詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社 http://www.himawari-life.co.jp/ /6月2日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。