印刷する印刷する 

[企業人事部]

2017/03/17

広がる出戻り社員の受け入れ 優秀な人材の獲得手段となるか

パナソニックは、日本マイクロソフトなどの社長を務めた樋口泰行氏(59)を代表取締役に招く人事を発表した。6月29日付で取締役に就任し、新体制が本格的に始動する予定。


樋口氏は1980年に松下電器産業(現パナソニック)に入社したOB社員だ。退職後はコンサル会社などを経たのち、2003年に45歳の若さで日本ヒューレット・パッカードの社長に抜擢。ダイエー社長として経営再建にも携わり、2008年には日本マイクロソフト社長に就任。現在は同社会長を務めている。


パナソニックのように経営幹部として古巣へ戻るケースはまだ少ないが、一度退職した社員の再雇用を受け入れる企業が増えつつある。エン・ジャパンが2015年に発表した「出戻り社員(再雇用)」についてのアンケート調査では、72%もの企業が「出戻り社員(再雇用)の受け入れを行ったことがある」と回答した。


以前在籍していた社員には即戦力としての活躍が期待できるほか、その社員の人となりがわかっているため安心でき、会社風土にもなじみやすい。メリットの多い優秀な出戻り社員(再雇用)の受け入れを促進するため、独自の制度を設ける企業も増えている。


ワークスアプリケーションズでは退職する社員に「カムバック・パス」という認定書を渡し、退社後3年以内であれば再入社を認めている。同様にサイバーエージェントでは、退職する優秀な社員を対象に、会社に戻ってくる場合の待遇を2年間保証する「ウェルカムバックレター制度」を導入している。「育自分休暇制度」を導入しているサイボウズでは、転職や留学等、環境を変えて自分を成長させるために退職する社員を対象に最長6年間の復帰を認めている。


制度導入によって、退職した優秀な社員の再雇用が期待できる一方、全ての社員に出戻りを認めれば継続して在籍する社員の不満にもつながりかねない。出戻りを認める基準をどう設定するかなど、導入企業ならではの課題もあるようだ。優秀な人材獲得の手段として、一度退職した社員の再雇用はさらに広く受け入れられるのか、今後の動向が注目される。

 

 

『日本の人事部』編集部


ニュースジャンル一覧

雇用・採用(企業人事部)ジャンルのニュース

新卒採用支援/内定者フォロー特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


新卒採用支援/内定者フォロー特集

新卒採用から内定者フォローまでを支援するサービスやソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

成果を生み出す 従業員「エンゲージメント」の主要10ステップとは?

アジアを中心とした新興国市場の拡大に伴い、外国人従業員の採用、グローバ...


ミスなく!手間なく!リスクなく!<br />
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

ミスなく!手間なく!リスクなく!
「奉行シリーズ」で中堅・中小企業を熟知するOBCのマイナンバー対応サービスとは

マイナンバーの個人への通知開始まで、半年を切った。企業のマイナンバー対...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント開催!

日本の人事部「HRカンファレンス2017-春-」を5/16(火)~19(金)に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

一橋大学名誉教授の石倉洋子氏を講師に迎え、第10回会合を2/2(木)に開催。


人・組織ビジネス業界関係者の会

人・組織ビジネス業界関係者の会

日本の人事部『プロフェッショナル・ネットワーク』新年会~講演&交流会~を2016年2月2日(火)に開催。