無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
企業人事部 その他企業人事部
掲載日:2017/02/06

間接業務の効率化と人材の有効活用に向け、RPAロボットでオフィスの定型業務の自動化を実現~2017年4月から外販開始:リコージャパン

リコージャパン株式会社(社長執行役員:松石秀隆)は、間接業務の効率化と人材の有効活用に向けて、RPA(ロボティックプロセスオートメーション)(※1)を活用した定型業務の自動化を本格展開します。

 

2016年7月にバックオフィス業務の自動化に取り組むプロジェクトを開始し、データ集計や入力、照合といった三つの業務特性を、RPA テクノロジーズ株式会社が提供する「BizRobo!」に代行させ、55~85%の工数削減が確認できました。2016年12月から本番運用を開始し、2017年4月から対象業務を順次拡げ、2020年までに全社での活用を計画しています。また、社内実践したノウハウをもとに、業務の自動化支援サービスを顧客企業に提供する事業を2017年4月から開始します。

 

急速な人口減少と高齢者増加が進み、超高齢化社会となった日本において、労働力人口の減少に対する対応は大きな社会課題になっています。企業において、「ビジネスプロセス改革」(BPR:Business Process Re-Engineering)や「働き方改革」の推進による労働生産性の向上がますます求められ、ERP(統合基幹業務システム)の導入やBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)の活用などで、集約化や標準化による業務改善が進められています。しかしながら人手による作業が多く残っており、コア業務にリソースを集中させるための阻害要因になっているのが現状です。

リコージャパンは、RPAを活用した業務改善を自社内で実践し、お客様向けに定型業務自動化支援サービスとして提供します。業務プロセスを可視化して、RPAが有効に機能する業務を選定し、コンサルティングからRPAロボットの導入支援、開発、継続的なサポートを提供します。中小企業向けには業務単位で自動化を支援するロボット派遣サービスも提供します。新たに「RPA診断士」という社内専門資格を設け、業務プロセスの可視化から導入支援までを担う人材を育成し、2018年までに約50人体制にする計画です。

 

<提供サービス:定型業務自動化支援サービス>
●コンサルティング
●ロボット派遣
 RPAソフトウェア/ハードウェアの導入構築サービス
 ロボットの開発サービス
●導入後の運用サポート・効果診断サービス

 

リコーは、1977年に業界で初めてOA(オフィス・オートメーション)を提唱するなど、長年にわたり、オフィス業務の効率化に貢献してきました。以来、ドキュメントソリューションによる業務改善やグループウェアを活用したBPRなど、新たなICT技術を活用したソリューションの提案により、お客様の業務課題・経営課題の解決に貢献しつづけています。今回のRPAを活用した業務の自動化支援サービスの提供は、こうしたソリューション連携により新たな価値を生み出すもので、オフィスの業務プロセスを自動化するオフィス・プロセス・オートメーションとしてお客様にご提案してまいります。

 

■エンドースメント
RPAテクノロジーズは、リコージャパンによるRPAを活用した「定型業務自動化支援サービス」、「ロボット派遣サービス」の提供開始を歓迎します。既に同社内では、『BizRobo!』による定型業務の自動化により、大幅なコスト削減を実現されています。また、同社は長年にわたりICT技術を活用し、数多くの企業の業務課題や経営課題を解決してきました。今後、この知見と実績を活かしたサービスを通じ、全国の企業でRPAを活用したホワイトカラー業務の自動化が推進されることを期待しています。
RPAテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 大角 暢之

 

※1: RPA(ロボティックプロセスオートメーション) ・・・ 一般社団法人 日本RPA協会HPより引用 RPAは、これまで人間のみが対応可能と想定されていた作業、もしくはより高度な作業を人間に代わって実施できるルールエンジンやAI、機械学習等を含む認知技術を活用した業務を代行・代替する取り組みです。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)として、2025年までに全世界で1億人以上の知的労働者、もしくは1/3の仕事がRPAに置き換わると言われています。

 

RPAロボットでオフィスの定型業務の自動化を実現(PDF)

 

<本件に関するお問い合わせ先>
『報道関係のお問い合わせ先』
コーポレート本部 コーポレートコミュニケーション部
TEL:050-3534-0811
E-mail:rj_ccd@ricoh-japan.co.jp

『お客様のお問い合わせ先』
ビジネスソリューション事業本部 テクノロジーセンタージャパン SI企画室
TEL:050-3534-1003
E-mail:si_info@ricoh-japan.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(リコージャパン株式会社 http://www.ricoh.co.jp/ /1月30日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。