企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2016/11/10

インターン参加経験を持つ学生の約8割が、インターンに参加した企業の本選考に応募。本選考応募者の約半数が内定を得ている~『インターンシップ調査レポート~採用活動への影響』:ディスコ

近年、インターンシップ実施企業が急増しています。それに伴い、本来の目的であるはずの「学生の就業体験」にとどまらず、採用活動の一環としての実施が進んでいることが指摘されており、採用とインターンシップのあり方について、国が検討を始めています。同時に、経団連でも「5日間以上」の開催下限日数の廃止が検討されるなど、経済界でも見直しが進んでいます。

そこで、株式会社ディスコでは、インターンシップが採用活動・就職活動に与える影響について、企業・学生それぞれに調査し、分析しました。

 

<調査結果>
1.インターンシップ実施状況

1-1 学生のインターンシップ参加状況
学生のインターンシップ参加率は年々増加し、2017年卒者では7割を超える(74.6%)。
参加時期は、2月が最多(26.7%)、夏季は前年より減少。10月以降は「1日以内(半日・1日)」の短期が半数以上を占める。

1-2 企業のインターンシップ実施状況
企業のインターンシップ実施率も年々増加。実施時期は2月が最多(61.2%)、8月(51.5%)が続く。
実施時期別に実施期間を見ると、10月以降は、 「1日以内(半日・1日)」が約半数を占める。

 

2.就職意識への影響

2-1 インターンシップ参加前後の就職意識の変化
 「この企業に就職したい」はインターンシップ参加前(19.5%)から、参加後(41.9%)は2倍以上に増加。
参加後の「この企業には就職したくない」は2割強(23.4%)だが、ミスマッチを防ぐ役割を果たしているとも言える。

2-2 インターンシップ参加前後の就職意識の変化(参加時期別)
 遅い時期のインターンシップほど、参加前の「この企業に就職したい」の割合が高い。
 参加後の「この企業に就職したい」は、いずれの時期においても、2倍以上に増加している。

 

3.採用活動への影響

3-1 採用の一手法としてのインターンシップの重要性
全体の7割近く(67.9%)が、インターンシップは採用の一手法として「重要」と回答。
従業員規模が大きい企業ほど、「重要」の割合が高い。

3-2 インターンシップの採用活動への効果
実施企業の7割強(71.0%)がインターンシップ実施による採用活動への効果を感じている。
具体的な効果は「母集団形成につながった」が6割強(66.4%)で最多。「優秀な学生に内定を出せた」(46.9%)が続く。

3-3 インターンシップの採用活動への効果(実施時期別・期間別)
実施時期別に見ると、採用広報解禁時期に近づくほど、効果を感じる割合が高まる。
実施期間別では、短期開催ほど、効果を感じる割合が高い。多くの学生に接触できるためと考えられる。

 

4.本選考応募

4-1 インターンシップ参加企業への本選考応募と内定
インターン参加経験を持つ学生の約8割(77.8 % )が、インターンに参加した企業の本選考に応募。
本選考応募者の約半数(49.9%)が内定を得ている。

4-2 インターンシップ参加企業からのアプローチと本選考応募
インターン参加経験を持つ学生の約6割(62.3%)が、参加企業から何らかのアプローチや優遇を受けた経験を持つ。
アプローチを受けた企業へのエントリー率は約7割(69.6%)で、特になかった企業(51.0%)と約20ポイントの差が見られた。

4-3 インターンシップ参加者への優遇策と効果
夏季(6~9月)実施企業では、「優遇策を講じない」が4割超。一方、秋季(10~11月)実施企業でより多くの施策を実施。
「参加者限定セミナー」「リクルーター」など、参加後の学生と接点を設けている企業ほど、効果を感じている傾向。

 

5.事前選考とその影響

5-1 インターンシップの事前選考実施状況
「1日以下」のインターンでは、「事前選考なし」が7割を超える(72.3%)。
長期開催になるほど、事前選考が増加。「3週間以上」では「書類」「面接」がそれぞれ4割を超える。

5-2 インターンシップ事前選考結果別の本選考応募
インターンシップの事前選考を通過した企業への本選考応募率は64.5%と高い。
通過しなかった企業への本選考応募率は27.1%にとどまる。

5-3 インターンシップ事前選考結果による志望度への影響
事前選考の結果が志望度に「とても影響する」(22.8%)、「ある程度影響する」(42.2%)を合わせると6割強(65.0%)。
「ほとんど影響しない」(8.5%)、「あまり影響しない」(11.7%)の合計は約2割(20.3%)にとどまる。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ディスコ http://www.disc.co.jp/ /11月8日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会