企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
企業人事部 その他企業人事部
掲載日:2016/03/14

3/11東日本大震災5年に合わせ「震災テレワーク(訓練)」を実施~早朝の地震発生を想定した訓練で、公共交通機関利用者にはテレワークを推奨~インフォテリア

インフォテリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下、インフォテリア)は、3月11日(金)に東日本大震災から5年が経過することに合わせた訓練として全社員を対象とした「震災テレワーク」を実施しましたのでお知らせします。

 

■ 震災テレワーク(訓練)実施の背景
インフォテリアでは、2011年3月の東日本大震災をきっかけに、緊急時における社員の安全確保を優先としたテレワーク導入を進めました。スムーズに業務を遂行できる環境を整備するため、全社員へのタブレット端末の貸与、毎月の試験的なテレワークの実施による検証を実施する中で、テレワークによる業務効率の向上に着目。現在では社員が自宅などのオフィス以外で業務を行った方がより良いパフォーマンスが発揮できると判断される場合にはテレワークの利用を推奨し、仕事と子育て・介護との両立など社員一人ひとりの多様な働き方を実現できる就業環境を提供しています。2015年からは、社員の健康維持や生産性向上のより一層の推進を目指して、以下のようなテレワークも実施しています。

・猛暑テレワーク:最高気温予想35度以上の日はテレワークを推奨
(猛暑テレワークは第16回テレワーク推進賞を受賞)
・ふるさと帰省テレワーク:帰省先でのテレワークを推進し輸送機関の混雑を回避
・降雪テレワーク:降雪による交通混乱を避けるうえでのテレワーク。

 

今回実施する「震災テレワーク(訓練)」は、東日本大震災をきっかけに導入を強化してきたテレワークが、災害発生時に適正に機能するかどうか確認するために実施するストレステストとして実施しました。当日は早朝から対策本部会議などを行い社員の安否確認を実施。さらには、自宅等にいる役員とテレビ会議による取締役会も行い企業活動に支障がないかどうかの確認を行いました。また、午前10時から行った取締役会は、本社には社長の平野のみがいる状態で、他の役員とはTV会議システムで接続して実施しました。

なお、本日テレワークを行った社員は52名(午前、午後のみを含む)となり、役員を含めた対象社員数71名の7割を超える人数となりました。

 

■ 今後の展開
インフォテリアでは、今後もテレワークを最大限に活用し多様な働き方に対応する就業環境の提供を図ります。また、災害などにより通勤困難な場合でも、テレワークを有効に活用することで事業継続が実現できる体制の構築も進めていく方針です。

 

【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
インフォテリア株式会社 コミュニケーション部
広報・IR責任者:長沼史宏
TEL:03-5718-1297
FAX:03-5718-1261
E-mail: press@infoteria.com

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(インフォテリア株式会社 http://www.infoteria.com/jp/ /3月11発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
その他企業人事部(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会