無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人事労務・管理
掲載日:2016/03/14

最も足りない情報は「最高経営責任者等の後継者の計画の進捗状況」(38%)~『取締役会実態調査アンケート』:トーマツ調査~期待役割を果たすため独立社外取締役に重視するのは経営経験と専門的な知見

有限責任監査法人トーマツは、取締役会に関する実態調査アンケート結果を本日公表する。本調査はJPX日経インデックス400銘柄企業(平成27年8月31日時点)及び有限責任監査法人トーマツで選定した企業の計509社を対象とし、2015年12月1日~12月25日に169社から回答を得た。

 

1.総括

本アンケート結果から以下の点が明らかとなった。

  • 取締役会に不足している情報は「最高経営責任者等の後継者の計画の進捗状況」(38%)が最多
  • 独立社外取締役に必要なのは経営経験と専門的な知見の両面
  • 取締役会の重要な業務執行の範囲や取締役への委任の範囲について「議論している」もしくは「見直したいと考えるが議論できていない」企業は75%
  • 取締役会付議事項の割合は決議事項が60-70%、報告事項が30-40%が最多であり、モニタリングよりもオペレーションに関する件数が多いことがうかがえる 

 

2.主な調査結果
本調査の質問票は、取締役会がその役割・責務を全うするため、構成(Plan)議題・運営(Do)分析・評価(Check)役割・責務の見直し(Action)の⼀連のサイクルが適切に運用されているか、という観点から作成しており、全35問の設問の内、その一部を抜粋して公表する。なお、本アンケート結果の作成にあたっては、連結売上高5,000億円以上と5,000億円未満の企業に回答を分類した。両者の合算数が全回答企業169社の回答となる。

 

(1)不足している情報
「取締役会が入手すべき情報として不足していると考えるもの」(複数回答)として、「最高経営責任者等の後継者の計画の進捗状況」(38%)、「投資家・株主との対話に関する事項」(31%)、「決定した重要な業務執⾏の進捗」(29%)を選び、取締役会の監督機能を発揮するうえで必要な情報が不足していることがうかがえる。

特に投資家・株主との対話に関する事項については、ステークホルダーとの対話の内容が取締役会に報告されておらず、取締役会が戦略や中⻑期経営計画を審議するうえで、ステークホルダーの視点が不足している可能性が考えられる。

 

(2)独立社外取締役に必要な経験・知見
「独立社外取締役が期待される役割を果たすために必要な経験・知見などで重視している項目」(複数回答)として、最も多かったのが「経営幹部の経験」(82%)。次いで「コンプライアンス・法務に関する知見」(43%)、「国際ビジネス経験」(40%)、「財務・会計に関する知見」(37%)となった。経営経験と専門的な知見の両面を重視しているとことがうかがえる。

 

(3)業務執行の範囲 
取締役会が担うべき重要な業務執行の範囲(監査役設置会社)や取締役への委任の範囲(監査役設置会社以外)に関する取締役会での議論の状況」について、「議論している」(44%)もしくは「見直したいと考えているが議論できていない」(31%)と回答しており、見直したいと考えている企業は全体の75%だった(図表3参照)。経済産業省が2015年7月に公表した報告書(*1)において、取締役会への上程事項の範囲の限定に係る考慮要素が示されたこともあり、「執行と監督の分離」の観点から、見直しの機運が高まっていることがうかがえる。

*1 経済産業省コーポレート・ガバナンス・システムの在り方に関する研究会報告書「コーポレート・ガバナンスの実践 〜企業価値向上に向けたインセンティブと改革〜」(2015年7月24日)

 

(4)取締役会付議事項の件数
「直近事業年度(1年間)における取締役会の件数」は、決議事項「31件以上40件以下」(17%)、「41件以上50件以下」(20%)との回答が多く、平均(*2)で55.4件となった。また、報告事項は「21件以上30件以下」(18%)、「31件以上40件以下」(19%)という回答が多く、平均では45.9件だった。決議事項と報告事項の件数割合は、決議事項が60%-70%、報告事項が30%-40%と回答する企業が最も多く、全体的にも決議事項の件数割合の方が高い傾向にある。これにより、取締役会の付議事項の件数でみると「モニタリング」よりも「オペレーション」に関するものが多いことがうかがえる。

*2 平均件数は、「20件以下」は15件、「101件以上」は105件、それ以外の回答は選択肢の件数幅の中間点(「21件以上30件未満」であれば、25件)と仮定したうえで、合計件数を算出。
なお、1件当たりの審議時間を加味せず、議題の件数のみで分析。そのため、調査結果は実際の議論の深度をそのまま反映するものではないことに留意する必要がある。

 

3.調査概要
本調査はJPX日経インデックス400銘柄企業(2015年8月31日時点)及び有限責任監査法人 トーマツで選定した企業(売上高や時価総額等が一定規模以上の企業)の計509社を対象とした。調査対象企業の取締役会事務局に対し質問票を配布し、2015年12月1日~12月25日に郵送、メール、Webアンケートシステム等の方法により169社(うち、JPX日経インデックス400銘柄企業は126社)から回答を得た。

 

<報道関係者からの問い合わせ先>
有限責任監査法人 トーマツ
広報 新井 香織
Tel: 03-6213-2050
audit-pr@tohmatsu.co.jp

 

◆本リリースについては、こちらをご覧ください。

(有限責任監査法人トーマツ http://www.deloitte.com/jp/ / 3月8日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。