ニュース
書籍 組織開発
掲載日:2016/01/13

『コンピテンシーを活用したトレーニングの基本~効率的な事業運営に役立つ研修開発の実践ガイド~』(ウィリアム・ロスウェル、ジェームズ・グラバー:著)ヒューマンバリューより刊行

株式会社ヒューマンバリューは、「ATDグローバル・ベーシック・シリーズ」の9冊目となる、『コンピテンシーを活用したトレーニングの基本~効率的な事業運営に役立つ研修開発の実践ガイド~』を刊行しました。

 

著者によるとコンピテンシーとは、「期待に沿ったもしくは顕著に高いパフォーマンスを出している個人のさまざまな特徴を示す言葉」です。
書籍のタイトルでもある「コンピテンシーを活用したトレーニング」の目的とは、優れたパフォーマーの知識、スキル、能力などをモデル化し、他の個人もそれらを高められるよう支援することです。


本書では、個人の学習や成長を促進するために、自社でのトレーニングや学習機会を提供していく中でコンピテンシーモデルについて理解し、普及、展開していく方法を紹介しています。
具体的には、組織の運営に必要となるコンピテンシーの特定、コンピテンシーを用いた学習ニーズの決定やトレーニングの設計、コンピテンシーモデルの開発プロセスの基礎知識などについてまとめられています。

また、コンピテンシーのアセスメントプロセスを単純にし、管理を可能にするためのアドバイスや、コンピテンシーベース学習を導入する際に組織のステークホルダーにその価値を伝える方法といった、実践的なことにも触れられています。
効率的な事業運営に直接関わってくるコンピテンシーについての知識を獲得する第一歩としてお役立ていただきたい一冊です。

なお、本書は「ATDグローバル・ベーシック・シリーズ」の9冊目です。ヒューマンバリューでは、日本の人材開発・組織開発・パフォーマンス改善に携わる方々に、グローバル企業で使われている言葉や概念を理解していただく一助になればと願い、ATDグローバル・ベーシック・シリーズを日本で刊行することにいたしました。今後も、ATDで紹介されている人事・人材開発の基本となるコンセプトをまとめたベーシック・シリーズを随時、翻訳・出版していく予定です。

※ATD(Association for Talent Development)は、世界最大の人材開発の機関です。以前はASTD(American Society for Training and Development)という名称で活動していましたが、人材開発の役割の広がりやグローバルな活動への広がりというミッションに合わせて、2014年に改名しました。

 

■書籍概要
コンピテンシーを活用したトレーニングの基本~効率的な事業運営に役立つ研修開発の実践ガイド~

監訳:平田謙次
著者:ウィリアム・ロスウェル、ジェームズ・グラバー
翻訳:日本イーラーニングコンソシアム
仲林清、合田美子、 森田晃子、 五十嵐寿恵、 櫻井良樹
価格:2,800円+税
規格:変形A5版 202ページ
出版社:株式会社ヒューマンバリュー

 

■目次
第1章 コンピテンシーベース・トレーニングとは
第2章 なぜ組織はコンピテンシーを活用するのか
第3章 コンピテンシー・アセスメントと学習とトレーニングニーズの決定の基本
第4章 コンピテンシーを活用したトレーニング設計
第5章 コンピテンシーベース学習をサポートするためのテクノロジー活用
第6章 コンピテンシーベース・アプローチに関するコミュニケーション
第7章 学習を導き出すためのコンピテンシー活用 アプリケーションガイド
第8章 コンピテンシーベース・トレーニングと学習の将来
付録A コンピテンシーベース・トレーニングに関するFAQ
付録B コンピテンシーモデル開発:コンピテンシー特定の基本

 

◆書籍の詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ヒューマンバリュー http://www.humanvalue.co.jp /1月8日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。