企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ピーターノホウソク ピーターの法則

「ピーターの法則」とは、有能だったビジネスパーソンが昇進していくうちに無能になってしまう、現代の階層社会で起こりうるエラーについて説いたメカニズムのことを指します。教育学者ローレンス・J・ピーターが著書“The Peter Principle”の中で提唱しました。能力主義の階層社会では成果を上げている人ほど昇進し、組織内での役割が変わっていきます。新たな役割をしっかりとこなせる人はさらに出世していきますが、成果を上げられなければ次の出世は望めません。つまり、組織は出世がストップし役割に対して“無能”化した人たちと、出世余地のある“無能”レベルに達していない人たちによって構成されていることになると、この法則は説いています。
(2018/10/22掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピーターの法則のケーススタディ

無能化を防ぐ「学び」の姿勢
人事は学習能力を見極める力が必要に

「上司が仕事のできない人で困る」といった愚痴が、多くの職場で聞かれます。能力を評価されて昇進しているはずなのに、どうして無能な管理職が生まれるのでしょうか。そのことを考える際に役立つのが、「ピーターの法則」です。

仕事で成果を上げて出世していくうちに、人はどこかで能力の限界を迎えます。自分の能力の限界を超えた役職を任されると、その人は無能になってしまい、「無能な管理職」が生まれるのです。このメカニズムを提唱したピーターによると、この法則は次の3点に要約することができます。

1.能力主義の階層社会では、人は能力に応じて出世するが、能力の限界達すると無能な管理職になってしまう。
2.時が経つにつれて、無能な人はそのままのポジションに落ち着き、有能な人材も限界まで出世し無能化する。その結果、どの階層も無能な人材で埋め尽くされる。
3.よって、組織の仕事は、出世する余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される。

では、組織の中でピーターの法則の状態を起こさないようにするには、どうすればよいのでしょうか。重要なのは「成果を上げたプレイヤーには、昇進ではなく昇給で報いる」「昇給して無能化してしまった人は、一度降格させる」といった、柔軟な体制を実現することです。また、年功序列で昇進させている企業はそれを見直し、従業員の能力にあったポジションに付けるべきでしょう。そうすれば、無能な管理職があふれてしまう状態を防ぐことができます。

また、昇進させる際には、人物の見極めをしっかり行う必要があります。その人は学習意欲が高い人物か。努力によって自分のキャリアを磨き続けられる人物か。これらの姿勢を加味し、バイアスに左右されず客観的に選ぶことが大切です。無能にならないために必要なのは、学び続けること。その人の「学び」に対する姿勢を見極める力が、企業には求められます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

非認知能力
「非認知能力」とは、経済学や心理学で使われる言葉で、IQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般をいいます。具体的には、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力など。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力ともいえます。研究によれば、労働市場にお...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
人事考課
従業員の能力や仕事ぶり、成果などについて、自社の価値観や方針、基準を基に、従業員の評価を行うこと。

関連する記事

管理職研修に盛り込む「プログラム要件」
管理職研修に盛り込む「プログラム要件」を「管理職昇格時」と「既存の管理職研修」の2つの段階で整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
管理職が置かれた「現状」
経営課題を現場レベルで状況判断し、対応できる管理職が求められている。しかし、実際の管理職の現状はどうだろうか。アンケートをもとに考察し、管理職・マネージャのおかれている課題を整理する。
2016/06/10掲載よくわかる講座
人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

成功報酬なし!攻めの採用 高尾の森わくわくビレッジ

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...