企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ピーターノホウソク ピーターの法則

「ピーターの法則」とは、有能だったビジネスパーソンが昇進していくうちに無能になってしまう、現代の階層社会で起こりうるエラーについて説いたメカニズムのことを指します。教育学者ローレンス・J・ピーターが著書“The Peter Principle”の中で提唱しました。能力主義の階層社会では成果を上げている人ほど昇進し、組織内での役割が変わっていきます。新たな役割をしっかりとこなせる人はさらに出世していきますが、成果を上げられなければ次の出世は望めません。つまり、組織は出世がストップし役割に対して“無能”化した人たちと、出世余地のある“無能”レベルに達していない人たちによって構成されていることになると、この法則は説いています。
(2018/10/22掲載)

ピーターの法則のケーススタディ

無能化を防ぐ「学び」の姿勢
人事は学習能力を見極める力が必要に

「上司が仕事のできない人で困る」といった愚痴が、多くの職場で聞かれます。能力を評価されて昇進しているはずなのに、どうして無能な管理職が生まれるのでしょうか。そのことを考える際に役立つのが、「ピーターの法則」です。

仕事で成果を上げて出世していくうちに、人はどこかで能力の限界を迎えます。自分の能力の限界を超えた役職を任されると、その人は無能になってしまい、「無能な管理職」が生まれるのです。このメカニズムを提唱したピーターによると、この法則は次の3点に要約することができます。

1.能力主義の階層社会では、人は能力に応じて出世するが、能力の限界達すると無能な管理職になってしまう。
2.時が経つにつれて、無能な人はそのままのポジションに落ち着き、有能な人材も限界まで出世し無能化する。その結果、どの階層も無能な人材で埋め尽くされる。
3.よって、組織の仕事は、出世する余地のある無能レベルに達していない人によって遂行される。

では、組織の中でピーターの法則の状態を起こさないようにするには、どうすればよいのでしょうか。重要なのは「成果を上げたプレイヤーには、昇進ではなく昇給で報いる」「昇給して無能化してしまった人は、一度降格させる」といった、柔軟な体制を実現することです。また、年功序列で昇進させている企業はそれを見直し、従業員の能力にあったポジションに付けるべきでしょう。そうすれば、無能な管理職があふれてしまう状態を防ぐことができます。

また、昇進させる際には、人物の見極めをしっかり行う必要があります。その人は学習意欲が高い人物か。努力によって自分のキャリアを磨き続けられる人物か。これらの姿勢を加味し、バイアスに左右されず客観的に選ぶことが大切です。無能にならないために必要なのは、学び続けること。その人の「学び」に対する姿勢を見極める力が、企業には求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

職能資格制度
企業の期待する職務遂行能力をどの程度有しているかによって従業員の序列づけを行い、職能給として賃金に反映させる制度です。最近では、年功的な運用がもたらす「賃金と能力のミスマッチ」など、さまざまな問題が指摘されるようになっています。
非認知能力
「非認知能力」とは、経済学や心理学で使われる言葉で、IQや学力テストなどの認知能力ではないもの全般をいいます。具体的には、誠実さや忍耐心、リーダーシップ、コミュニケーション能力など。その有無によって、仕事の成果や人生の行方に影響を与えるパーソナリティや対人能力ともいえます。研究によれば、労働市場にお...
人事考課
従業員の能力や仕事ぶり、成果などについて、自社の価値観や方針、基準を基に、従業員の評価を行うこと。

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第38回 学習する組織“ラーニング・オーガニゼーション”を実現する方法(前編) ~自ら学ぶ風土を作り、持続的成長を実現していくために
企業を取り巻く経営環境の急激な変化は、ビジネスサイクルを短縮化し、知識・技術の更新スピードを速めるなど、組織に対して絶え間ない「変革」を求めている。この変革を実現するには、組織として継続的に学習を続け、改善を繰り返していくことが必要だ。これが近年、「学習する組...
2010/06/28掲載人事マネジメント解体新書
「処遇」から「目標達成」へ ~人事考課における「目標管理」の重要性とは?
人は、周囲から評価されて「有用感」を持つことで、働く意欲が高まっていく。何より、活躍する場が与えられるからこそ、成長していくのである。
2010/05/10掲載注目の記事
人事マネジメント「解体新書」 第31回 「タレントマネジメント」の時代(後編) ~人材の“見える化”の仕掛けを工夫し、現場のマネジメントとリンクさせていく
人事マネジメント「解体新書」 第30回 「タレントマネジメント」の時代(前編) ~ポストHRM・HCへ。いま、多様な人材の適切な配置・活用が求められている
2009/10/19掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

管理職数を適正化する
過去、悲しいかな無定見に一般職から管理職への登用がなされており、このままでは管理職だらけになる恐れがあります。現在でも、部下なしのマネージャが何名か存在しています。本当に能力のある管理職は残すべきでしょうが、そうでない管理職には、規則としても制限する必要があると考えます。(非常に勝手な論理ですが)例...
危機管理(リスク管理)
危機管理が叫ばれていますが、人事部としてどこにポイントをおいて、人事部全体の危機管理をしていけば教えてください。
組織マネジメントの評価項目
お世話になっております。 人事考課の評価項目の一つに、管理職者に対して、組織マネジメントの評価を考えております。 一般的な組織マネジメント能力に関する評価項目をご教授いただけますでしょうか。 宜しくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...