無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】エーティーエス ATS

「ATS」とは、Applicant Tracking Systemの略で、日本語では「採用管理システム」「採用支援システム」と訳されます。応募者受付から採用決定までにかかる人事担当者の業務を一つのシステム上で一元管理し、適時・適切な採用活動を進めるための機能を実装したシステムの総称です。応募者データの管理・集計やデータ分析、募集職種ごとの応募進捗管理、メールの自動送信など、多彩な機能を備えた「ATS」を提供するサービスが近年、急速に増えてきました。「ATS」の導入で採用活動の効率化・自動化が進めば、コストの削減につながり、応募者の見極めにより多くの時間を割くこともできます。
(2017/3/24掲載)

ATSのケーススタディ

内定率90%越え、優秀な人材確保は早い者勝ち
アナログな採用活動をより効果的かつ効率的に

厚生労働、文部科学両省の発表によると、今年3月卒業予定の大学生の2月1日時点の就職内定率は前年比2.8ポイント上昇の90.6%で、同時期としては2000年3月卒を対象とした調査開始以降、最高を記録しました。

これで、内定率の上昇は6年連続。企業の採用意欲が依然として高いことがわかりますが、優秀な人材の確保に関しては「早い者勝ち」の側面もあります。応募の受付から内定までに時間がかかるほど、応募者の辞退が増えるため、採用にはスピードが欠かせません。

そもそも採用業務においては、応募者の履歴書の管理から選考状況の管理、絞り込み、評価データの管理、応募者とのやり取りや通知まで、管理すべき項目が多岐にわたります。企業規模が大きくなれば、募集する職種・人員も多くなり、必要な事務処理や連絡作業が加速度的に増加、複雑化していくことに。にもかかわらず、多くの企業では採用に関する情報をいまだに手作業やエクセルデータなどで管理しているため、処理に手間取り、選考の遅れや対応ミスなどから、有望な候補者を取り逃がしてしまうことも少なくありません。アナログによる採用管理では、効率が悪いだけでなく、採用結果を分析して、次に活かすことも難しいでしょう。

そこで注目を集めているのが「ATS」(Applicant Tracking System)――採用管理システムです。急激なビジネス環境の変化にともない、これまで以上に高度なマーケティングとスピードが求められる採用活動において、業務工数を大幅に削減し、適時・適切な採用活動を実現する「ATS」の導入・利用は、十分検討に値します。新規採用やキャリア採用、あるいはアルバイト採用など採用ターゲットに特化したサービスから、ターゲットを区分しないものまで、国内・外を問わず、多数のサービスが提供されています。導入を検討する際には、自社の採用活動の課題を踏まえた上で、自社の業務フローとの親和性を重視して選ぶのがポイントといえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連する書式・テンプレート

関連するキーワード