企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ホワイトゴヒャク ホワイト500

「ホワイト500」とは、経済産業省が2016年に創設した認定制度「健康経営優良法人」のうち、規模の大きい企業や医療法人を対象とした大規模法人部門の認定法人を指す愛称です。同制度は、特に優良な健康経営を実践している企業や団体を、大規模法人部門と中小規模法人部門の2部門に区分して顕彰する制度。大規模法人部門では、保険者と連携して優良な健康経営に取り組む企業について、20年までに500社を「健康経営優良法人~ホワイト500~」として認定・公表します。17年2月に第1回の認定となる17年度の健康経営優良法人が発表され、「ホワイト500」に235法人が選定されました。
(2017/3/10掲載)

ホワイト500のケーススタディ

優良な健康経営を実践する“ホワイト”企業
2020年までに大規模法人で500社を認定へ

経済産業省は2017年2月21日、優良な健康経営を実践している企業・団体を顕彰する「健康経営優良法人認定制度」の17年度認定法人を発表しました。同制度に基づく企業認定は今回が初めて。「ホワイト500」と呼ばれる大規模法人部門の認定法人には、五十音順で先頭のアートネイチャーから末尾のワコールホールディングスまで235法人が、中小規模部門では95法人が選ばれました。政府は20年までに大企業や大規模医療法人で500法人以上の認定・公表を目指しており、「ホワイト500」の愛称はこのことにちなんで名づけられたものです。

同省の説明資料によると、「健康経営優良法人認定制度」は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度で、規模の大きい企業や医療法人を対象とした「大規模法人部門」(ホワイト500)と、中小規模の企業や医療法人を対象とした「中小規模法人部門」の二つの部門に分けて、それぞれ「健康経営優良法人」を認定します。

大規模法人については、「ホワイト500」の認定に先がけて2015年度から、東京証券取引所の上場企業を対象に、原則1業種につき1社の「健康経営銘柄」が選定されてきました。「ホワイト500」は、上場企業に限らず、健保組合などの保険者と連携して優良な健康経営を実践している大規模法人を、20年までに500社選定する制度としてスタートしました。

「ホワイト500」の認定を受けるためには、まず経済産業省が実施する「健康経営度調査」に回答し、「ホワイト500」の基準に適合しているか、判定を受けなければなりません。適合と判定された場合に限り、申請資格を得ることができるのです。認定の条件は、健康経営銘柄選定の必須項目と同じく、(1)経営理念(経営者の自覚)、(2)組織体制、(3)制度・施策実行、(4)評価・改善、(5)法令遵守・リスクマネジメントとなっており、法人の規模に応じて達成レベルの基準が設定されています。経産省では、「健康経営優良法人」と認定された企業に対し、金融機関による低金利融資や人材関連企業からの人材確保支援を受けられる制度を導入するなど、インセンティブの充実を図っていく方針です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

健康経営優良法人
健康経営優良法人認定制度とは、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実行する「健康経営」について、特に優良な企業などを顕彰する制度です。2015年から始まった「健康経営銘柄」に続き、2017年から始まりました。規模の大きい企業を対象とする「大規模法人部門」と、中小規模の企業を対象とする「中小...
CHO(Chief Health Officer/健康管理最高責任者)
「CHO」とは、チーフ・ヘルス・オフィサー(Chief Health Officer)の略語で、組織が従業員の健康増進に向けて取り組むための最高責任者のことです。近年、従業員の健康状態を経営課題の一つと捉え、マネジメントしていく「健康経営」が注目されていることを背景に、健康管理のプロフェッショナルを...
ユースエール
若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で若者の雇用管理状況などが優良な中小企業を、厚生労働大臣が「ユースエール認定企業」として認定する制度が2015年10月から新しくスタートしました。「ユースエール」とは、この認定企業が取得・使用できる認定マークの愛称。若者(youth)にエールを送る事業...

関連する記事

いま注目される「健康経営」。実践している企業は3割にとどまる
『日本の人事部 人事白書2020』から、「新しい人事課題」の調査結果の一部をご紹介します。
2020/09/29掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」第105回 「健康経営」の時代 ~「コスト」から「投資」へ、健康増進への取り組みを位置付ける(前編)
従業員の健康は、企業経営を支える重要な基盤である。しかし、過重労働による心身の不調や生活習慣病の増加、それらに伴う医療費負担の増加など、その基盤を揺るがすリスクは年々高まっている。そうした中、健康増進への取り組みを経営上の「コスト」ではなく、戦略的な「投資」と...
2017/04/20掲載人事マネジメント解体新書
『健康経営会議2016』開催レポート
2016年9月5日(月)経団連会館において、健康経営会議実行委員会の主催による「健康経営会議2016」が開催された。健康経営とは、従業員の健康を経営課題の一つとしてとらえ、経営者による戦略的な健康づくり事業を通して、生産性の向上と従業員の健康の両立を目指す経営...
2016/11/01掲載イベントレポート

関連するQ&A

事業者とは?
労働安全衛生法でいう「事業者」の定義について伺います。労働基準法では使用者を事業主、といっているので法人であれば法人の代表者でしょうが、事業者という時、1つの法人が複数の事業場から形成されている時は事業場の長でしょうか?それとも基準法と同じく法人、法人の代表者でしょうか?ご教授願います。
社会保険事務代行という名の出向
上手い表現ができず分かりづらい表題になってしまいましたが、教えていただきたいことがあります。 Aという関連法人があり、そこの法人の従業員(正規職員)はすべて他の関連法人(当法人も含む)からの出向という形をとっています。健康保険などの社会保険等も出向元の法人に入ったままでの出向になっています。 A...
事業者とは(2)
追加で伺います。労働安全衛生法の場合、罰則において、例えば作業主任者を選任していない場合6月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されるのは事業場の長ですか?法人の代表者ですか?また、両罰規定の場合、行為者及び法人ですので、法人と50人程度の事業場の長が罰せられることがあるのでしょうか?ご教授願います...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 安全衛生 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

会社の法律Q&A 感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...