【ヨミ】シーアールオー CRO

「CRO」とは、Chief Risk Officer(チーフ・リスク・オフィサー)の略、欧米企業で発祥した幹部役員職(執行役職)の一つで、日本語では「最高リスク管理責任者」「危機管理担当役員」などと訳されます。経営トップを補佐して、企業をとりまくリスク全般を一元的に管理する責任者のことです。多様化・複雑化が進むリスクへの対応や危機管理を全社横断的に行う統合リスクマネジメントの要としての役割が期待され、近年は国内でも導入する企業が増えています。
(2014/5/26掲載)

CROのケーススタディ

一つの事件で会社が揺らぎかねない
多様化するリスクに横断的な対応を

たった一人の不心得な従業員による“バイトテロ”から、東日本大震災のような大規模災害、さらには海外の政情不安がグローバルビジネスに多大な損失をもたらすカントリーリスクまで、まさに“内憂外患”――企業はいまやさまざまなリスクへの対応を迫られる時代となりました。

リスクとは、危機に見舞われる機会、損失につながる可能性のことです。表面的には、まだ何も起こっていない状態ですが、リスクにはかならず原因や環境要因(ハザード)があります。それがリスクを拡大、顕在化させ、損失をもたらすのです。企業がさらされるリスクが多様化・複雑化しているのは、すなわちビジネスの現場が多様化し、それぞれの環境にリスク要因が遍在すること、また個々の要因が複雑にからみあっていることを意味します。

しかし、ともすると部門・部署間のセクショナリズムの壁が個々の現場のリスク要因をおおい隠し、組織全体で共有することを妨げがち。一つの事件・事故が企業全体を根底から揺るがしかねない時代にあっては、リスクそのものより、会社がそれを認識していないことのほうが深刻な危機といわざるを得ません。リスクとその要因を把握できなければ、適切に対応し管理することもできないからです。

これまで多くの企業では、全体計画の中で社内のリスクを一元的に統合管理することはなく、各部門・部署にまかせ、それぞれのリソースの枠内でリスク管理を行っていたのが実態ではないでしょうか。しかしそうした手法には限界が見えてきました。連結子会社や海外の協力会社、同一ブランドを共有する関連企業なども含め、全てのリスクへの対応をトップダウンかつ全社横断的に行う、統合リスクマネジメントの体制が求められているのです。その最高責任者が「CRO」(チーフ・リスク・オフィサー)です。

CROは、企業がさらされているリスクを洗い出し、対応すべき優先順位を付けます。対策を立てて事業計画にリスク計画を組み込み、必要なヒト・モノ・カネを配分します。経営リソースの配分においては当然、全体最適が徹底されなければなりません。CROを置く場合、企業のリスクマネジメント体制は、CROを最高責任者として、その指揮下に数名のリスクマネジャーからなるリスク管理部署を置く全社的な統括機構と、現場である各部門・部署の管理体制の2階層に分けて、構築されるケースが一般的です。リスクマネジャーには、CROと現場のパイプ役として、各部門・部署のリスク管理責任者と密接に連携し、リスク情報の収集や意識付け、教育の実施などの働きかけを行うことが求められます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード