【ヨミ】ランチケーション ランチケーション

「ランチケーション」とは、ランチタイムを活用して行われるワーキングマザーの異業種交流会のことです。博報堂の企業内大学「HAKUHODO UNIV.」がワーキングマザーのネットワーク化を図る目的で立ち上げた、リーママプロジェクト(リーママとはサラリーマンママの略で働く母親の意)の取り組みの一つとして発案・提唱。サラリーマン社会でいう“飲みニケーション”をヒントに「ランチケーション」と名付けて、活動を推進しています。ランチケーションは、終業後の時間を活用できないワーキングマザーならではの新しい交流の広げ方、深め方として注目を集めています。
(2014/1/10掲載)

ランチケーションのケーススタディ

ワーキングマザーがランチ会で交流
企業には飲みニケーションより有益

社内外のコミュニケーションを促し、社員のモチベーションの強化やアイデアの収集に結びつける貴重な機会として、ランチタイムの有効活用に注目する企業が増えています。その取り組みの主役となっているのは、時間の制約が大きいワーキングマザーです。

男性中心の伝統的なサラリーマン社会では、社員同士が交流を深め、情報交換に勤しむ場はもっぱら夜の宴席でした。いわゆる“飲みニケーション”です。ところがワーキングマザーの場合、男性の家事・育児への参加が進まない現状では、仕事を終えてもなかなか自由が利きません。オフィス用品通販のカウネットが、全国の12歳以下の子どもを持つ30~40代の働く女性を対象に行った調査(有効回答数146人)では、全体の9割が「子どもができる前より時間が足りない」と回答しています。当然、退社後の飲みニケーションへの参加は難しいでしょう。もともと職場で少数派のワーキングマザーは、同僚と仕事や家庭についてじっくり語り合う機会にも恵まれないまま、孤立を深めていくことに――。こうした閉塞状況を何とか変えたいという思いから始まった取り組みの代表例が、博報堂が提唱・推進する「ランチケーション」です。

ランチケーションは、同社社員を含めた異業種のワーキングマザーが集まり、仕事から育児の悩みまで幅広いテーマについて語り合うランチ会。博報堂の人材育成を担う企業内大学が12年4月から始めた「リーママプロジェクト」の活動の一つで、働く母親同士をつなげて仕事や家庭の壁を共に乗り越えるのがねらいです。飲みニケーションをヒントに「ランチケーション」と名付け、昨年夏までに約30社、約300人のワーキングマザーたちとの交流を実現してきました。

子育て中の女性社員が集まって、社内でランチ会を開く動きは着実に広がっています。グループ7社から子育て中の女性社員が集まり、小グループに分かれて語り合うランチ会「ママズ・コミュニティ」を展開しているのはセブン&アイ・ホールディングス。12年7月から始まったこの取り組みでは、毎回事務局が設けたテーマについて意見を交わすとともに、セブン&アイ・ホールディングスで販売する総菜や弁当を食べて、感想や要望などをフィードバックしています。企業にとっても、働くママの意見を収集できる絶好の機会というわけです。またオリックスは09年から年4回のペースで、復職して1年未満のワーキングマザーを対象としたランチ会を開いています。人事担当者も参加して、効率的な働き方やキャリアプランなど、働く女性たちが抱える悩みの把握に努めた結果、同社社員のうちワーキングマザーが占める割合は03年3月末の6.6%から、13年3月末には29.7%にまで高まりました。

昨今は若い男性を中心に、妻と協力して家事や子育てに積極的に参加しようとする夫も増えています。そうしたイクメンにとってもランチタイムの有効活用は好都合でしょう。飲みニケーションからランチケーションへ――新しい交流のあり方が日本人の働き方そのものを改革する突破口になるかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード