企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジュケンリョウセイド 受験料制度

「受験料制度」とは、企業の採用試験において入社希望者に受験料を課す制度のことで、動画共有サービス「niconico」を展開するドワンゴが2015年度新卒採用試験からの導入を発表し、話題を集めています。同社では地方在住の学生を除いた入社希望者から、エントリー時に受験料2525円を徴収。選考の合否にかかわらず、返金は行いません。“本気”の学生を絞り込むのが制度のねらいで、集めた受験料は全額を寄付する意向を表明しています。(2014/1/10掲載)

受験料制度のケーススタディ

記念受験を減らし学生の“本気度”を測る
格差の固定化につながるとの批判も

2013年12月1日、15年春卒業予定の学生の就職・採用活動が解禁になりました。これを受けてIT関連企業のドワンゴでは、「受験料制度」を導入し、15年の新卒採用から入社試験を有料化にすると発表しました。就職希望者に対して、同社選考にエントリーする際に、同社の動画共有サービスの名称“ニコニコ”にちなんだ「2525円」の支払いを求めるしくみで、不採用でも返金しません。ただし、受験料徴収の対象は首都圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)在住の入社希望者に限られ、地方在住の学生については就職活動に伴う経済的負担の不利を考慮して免除するとしています。

受験料制度の趣旨について、同社はサイト上の告知で「本気で当社で働きたいと思っているかたに受験していただきたいから」と説明しています。告知では、ネットからの複数エントリーが一般的になった就活の現状について、「受かるひとはひとりで何社も何十社も内定を獲得できて、受からないひとは100社受けても1社も受からないで、心を傷つけられる」と指摘。大量の応募に対応しなければならない企業側も、「採用の手間ばかりが増えて、本当に必要な人材を見極める十分な時間をかけることが難しい」という問題を抱えているとした上で、制度を導入するに至った背景には「就活生も企業も苦しんでいる現状になんとか一石を投じられないか」という思いがあったと言及しています。

過去には高校生をエンジニアとして採用したり、動画サイトを活用して“一芸採用”を行ったりするなどユニークな採用活動で知られる同社だけに、今回の試みも発表直後から大きな反響を呼びました。

ネット上の声は賛否両論、見方は分かれています。「学生が真剣に考えるようになる」「“記念受験”が減って企業の負担が軽減される」といった評価がある一方で、少額とはいえ収入のない学生から金銭を徴収することへの批判や、受験料制度が他の企業にも波及した場合には資金力のある学生が有利になりかねないため、「格差の固定化につながるのでは」と不安視する意見も。いずれにせよ、ドワンゴの設定した“受験料”が就職・採用活動の現状に一石を投じ、議論を活性化させる引き金になったことは間違いありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
インフルエンサー採用
「インフルエンサー」とは、他者や一般社会に対し影響力を持つ人物のこと。近年では、インフルエンサーの持つ影響力を評価基準の一つに設定し、企業の採用シーンに取り入れる動きがあります。指標は、SNSのフォロワー数や投稿内容など企業によってさまざまですが、求める採用要件を満たすと判断された場合、求職者は選考...

関連する記事

ダレのための解禁日なのか?
毎年学生と企業を悩ます新卒採用の「解禁日」。解禁日を厳守している企業は年々減少し、形骸化が進む今、「解禁日」は本当に必要なのでしょうか。「解禁日」に関する調査結果から、企業と学生の本音に迫ります。
2018/04/09掲載新卒・パート/アルバイト調査
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
人事マネジメント「解体新書」 第18回 2010年新卒採用に向けて~「年間採用計画」の策定をどう行うか
2008/08/08掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

メンタル対応可能な産業医を紹介します Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。