無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ストレッチ ストレッチ

「ストレッチ」とは、「引き伸ばし」という意味で、個人や組織の成長を促進するために、手を伸ばせば届くレベルではなく、背伸びをしないと届かない高い目標をあえて設定し、その実現に取り組むことをいいます。ストレッチによる人材育成では、現状と目標の間のギャップを意図的に拡大し、従来の手法の延長で改善や努力を重ねるだけではとても達成できない目標を与えます。そうすることで社員はおのずと最大限の能力を発揮し、新しいやり方や革新的な発想を生み出して、劇的な成果を上げると考えられています。
(2012/12/21掲載)

ストレッチのケーススタディ

成長への支援か、過大な要求か
育成上手は目標の引き上げ方に配慮

ストレッチ」は、ジャック・ウェルチ氏がGE(米ゼネラル・エレクトリック)に導入し、目覚ましい効果をあげたマネジメント手法としても知られています。一般的に経営課題の設定にあたっては、組織のもつ能力やキャパシティとの整合性が考慮されますが、GEのCLO(最高人材育成責任者)を務めたスティーブ・カーらの著書によると、同社では、組織の現状での能力水準をゆうに超える課題やゴールをストレッチと呼び、その達成への取り組みを奨励しています。一筋縄ではいかない困難と向き合うことで、これまでの自分たちの成功体験や問題解決の手法の限界を認めざるをえなくなり、業務の抜本的な改革が促進されると見込めるからです。

個人と組織の成長に資する一方で、ストレッチの設定は“両刃の剣”であるともいわれます。事前のアドバイスもフォローアップも乏しく、社員にあまりに高すぎる目標だけを課して突き放すなど、対応を誤ると組織のモチベーションが一気に失われかねないからです。

さらに、パワーハラスメントと紙一重であることにも留意しなければなりません。2012年1月に厚生労働省が明文化し、発表した職場の“パワハラ”の定義によると、パワハラの行為類型には「暴行・傷害」(身体的な攻撃)や「脅迫・名誉毀損・侮辱・暴言」(精神的な攻撃)など6種類があり、「業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害」(過大な要求)もパワハラにあたる行為として定義されています。ということは、上司が部下に対して能力を超える課題を与えた場合、上司は部下を成長させようというつもりでも、部下がそれを「遂行不可能なことの強制」と感じて主張すれば、パワハラと見なされる可能性もあるのです。

では、どうすればいいのか――高い目標に挑むことの大切さは自明ですが、OJTや経験学習に詳しい神戸大学大学院の松尾睦教授によると、若手人材を育てるのがうまい上司は、ストレッチの仕方、つまり目標の引き上げ方に工夫を凝らしているといいます。

共通するポイントは、(1)成長のイメージをもたせる(2)懸命に手を伸ばせば届きそうな目標を立てさせる(3)成長への期待を伝える、の三つ。若手のモチベーション高めるためには、自分が将来どういう人材に成長したいかを明確化させた上で、適度に困難な仕事や役割を与え、さらに「きみならこの目標を乗り越えられるはずだ」といった表現で期待を込めて励ますことが大切だと、松尾教授は述べています(ダイヤモンド・オンライン「若手『育て上手』なOJT担当者の秘密」より)。ストレッチとパワハラを分けるのは、日頃から部下に積極的に関わろうとする姿勢の有無なのかもしれません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ストレッチ」に関する記事

「ストレッチ」に関する人事のQ&A

ローパフォーマー社員の意識改革を促す方法について

いつも有益な情報をご提供いただき、ありがとうございます。ローパフォーマー社員の意識改革について悩んでおり、投稿いたしました。

当該社員は社歴も長く、中堅からベテランの域に差し掛かっています。与えられ...

どっしり刑事さん
東京都/ 情報サービス・インターネット関連(従業員数 501~1000人)
2020/01/17 21:45 ID:QA-0089745 育成・研修 解決済み回答数 4 件

リファラル採用に対する従業員のモチベーション向上

いつも大変参考にさせていただいております。

弊社では数年前からリファラル採用を実施しているのですが、従業員からの推薦はほぼなく、制度が機能していないのが実情です。

制度の意義については十分に伝え、...

スッテンコロリンさん
東京都/ 情報サービス・インターネット関連(従業員数 11~30人)
2019/07/03 19:40 ID:QA-0085405 中途採用 解決済み回答数 3 件