【ヨミ】オフサイトミーティング オフサイトミーティング

「オフサイトミーティング」とは、直訳すると“現場を離れた場所で(off-site)”行われる会議という意味です。企業の重要な課題や案件を検討するにあたり、よりオープンで活発な議論を促すために、あえて社外に場所を移し、日常の喧騒から離れた特別な環境で集中的にミーティングを実施することを指します。
(2012/9/24掲載)

オフサイトミーティングのケーススタディ

物理的、心理的に環境を変えてリフレッシュ
組織活性化は“気楽でまじめな話し合い”から

人間の意識や発想は“場”(site)の風土に縛られやすく、オフィスなど仕事の現場に身を置いていると、誰もが効率やスピードを求められる感覚からなかなか逃れられません。立場上の建前やメンツ、所属する部署の縄張り意識なども染み付いていますから、そうした環境下では、社員同士の突っ込んだ議論や自由闊達なコミュニケーションを望むのは難しいでしょう。

そこでオフサイトミーティング。場所を移し、職場というビジネスの日常から離れた環境にミーティングの場を設けるのです。ポイントは、環境を変えることによって参加者の意識そのものを職場の論理から開放し、リフレッシュすることにあります。社内での会議では思いつかないような柔軟な発想やブレークスルーとなるアイデアが期待され、それを引き出すような質の高い運営が求められます。

すでに欧米の企業や国内の外資系企業で導入が進んでおり、近年は、日本企業にも広まってきました。オフサイトミーティングでの宿泊利用を法人向けプランの目玉として売り出すリゾートホテルや旅館が現れるなど、観光業界からも新たなビジネスチャンスと目されているほどです。

また最近の傾向として、物理的・空間的な意味での場所を離れるという本来の趣旨とは別に、社員同士が組織の中での自分の“場所”、つまり立場や肩書きから離れて「気楽でまじめな話し合い」をするのがオフサイトミーティングのコンセプトであるという解釈も浸透しつつあります。

この場合は、何かを決めるというよりも、組織の活性化を図ることが主眼となります。そもそも会議やミーティングというと、かぎられた時間内に問題の原因を究明して解決策を打ち出すなど、何らかの結論と結論にいたる効率性が求められがちですが、それにとらわれるあまり、大胆なアイデアが出しづらくなったり、少数意見が顧みられなくなったり、声の大きい社員に発言が偏ったりするなど、組織にとって弊害が生じることも少なくありません。

実際にミーティングを行う場所が社内であれ、社外であれ、社員を日常の固定観念からoff-siteして「気楽でまじめな話し合い」の場を設定することは、組織の停滞を打破し、コミュニケーション改善の一助になると考えられます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード