無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】オーナーシップ オーナーシップ

「オーナーシップ」とは、個人と組織、個人と仕事との関係を示す概念で、担当する仕事を“自分自身の課題”と主体的に捉え、強い情熱と責任感を持って取り組む姿勢のこと。与えられた職務やミッションに対する自発性、経営に対する当事者意識、参画意識などがオーナーシップを形成する要素です。
(2012/2/13掲載)

オーナーシップのケーススタディ

オーナーシップを引き出すリーダーシップ
徹底した権限委譲と情報共有がカギに

全体のパフォーマンスが低迷している組織や、一定の成果は出ていてもメンバーがメンタルヘルスに問題を抱えているような疲弊した現場では、社員が上司からの指示・命令に「やらされ感」を感じていて、自身がいわゆる「組織の歯車」ではないかと悩んでいることが多いようです。歯車は、他に代わりが利くものです。実際、組織のメンバーそれぞれが自分の存在価値を組織の歯車としか実感できず、「この仕事は自分でなくてもできる」「自分の代わりは誰にでも務まる」といった心理状態に陥ってしまったら、現場のモチベーションやモラールは低下してしまうでしょう。仕事に対するオーナーシップは、これとは真逆の発想。「自分がやらなければ他に誰もやる人はいない」というくらいの強い覚悟に裏打ちされた価値観です。

これからの“勝つ組織”“強い組織”は、自らの判断でビジネスに新しいチャレンジやイノベーションを起こすことのできる、自発性と機動性に富んだ個の集まりであることが求められます。チャレンジやイノベーションの本質が変化である以上、仮に業務プロセスを改善する程度の変化であっても、それを実行するには過去の成功体験を否定するところから始めなければなりません。実際に担当する人の心理としては当然、不安が伴います。その不安を乗り越える源泉こそが、与えられた機会や課題を前向きに捉える姿勢。つまり仕事に対するオーナーシップというわけです。したがって企業理念や社員の行動指針に、オーナーシップを掲げる企業も少なくありません。

組織が社員一人ひとりのオーナーシップを推進力にして成長しようとするならば、現場を実質的にマネジメントする部・課長らミドル層に求められる役割も変わっていきます。指示・命令で管理を徹底するだけでも、明確なゴールやビジョンを示して組織の一体感を高めるだけでも足りない――スタッフ全員のオーナーシップを十分に引き出すことこそが、これからの新しいリーダーシップの中核かもしれません。

社員のオーナーシップを引き出すためには、「エンパワーメント」(責任に応じた権限委譲と徹底した情報共有)による信頼の醸成が前提となります。もちろん部・課長個人の力量だけに、エンパワーメントの具体的な取り組みをゆだねるわけにはいきません。人事部門としても、個人への権限委譲のあり方やマネジメントによるフォローのしくみなどを制度化し、組織的に支援する必要があります。企業によっては、自社の経営に対する社員の当事者意識・参画意識を促す目的で、従業員持ち株制度やストックオプション制度などインセンティブ報酬の導入を図るケースも見られます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード