企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ミバライザンギョウダイ 未払い残業代

従業員が法定労働時間を超えて働いたにもかかわらず、会社から労働基準法で定められた時間外割増賃金が支払われない場合、この賃金債権を「未払い残業代」と呼びます。現在の民法の規定では、賃金債権の時効は2年。したがって労働者は最大で過去2年分までさかのぼって、未払い残業代を請求することができます。
(2010/12/6掲載)

未払い残業代のケーススタディ

監督指導で支払われた残業代は計116億円
みなし労働時間制でも「未払い」の判決が

多額の未払い残業代の支払いによって、企業経営が圧迫されるリスクが増大しています。近年はとくに退職者同士が結束して、元の勤務先を労働基準監督署に訴えたり、労働審判や訴訟など直接的な形で請求を起こしたりする動きが目立っています。

今秋、厚生労働省が発表した平成21年度「賃金不払残業(サービス残業)是正の結果まとめ」によると、全国の労働基準監督署が2009年4月から翌年3月までの1年間に、残業代が未払いになっているとして労基法違反で是正勧告した事案のうち、勧告に応じて100万円以上の残業代を支払った企業は合計で1,221社、支払われた残業代の総額は約116憶円にのぼりました。長引く不況の影響で残業そのものが減少したせいか、是正企業数は前年比で332社少なく、支払われた残業代の総額も約80億円のマイナスになっています。それでも支払い額のワースト3は、12憶4,206万円(飲食業)、11億561万円(銀行・信託業)、5億3,913万円(病院)といずれも巨額でした。

今年4月以降は改正労基法の施行により、月60時間を超えた分の時間外手当の割増率が加算されるため、今後、請求額がますます高額化する可能性があります。未払い残業代という負債によってつぶれたり、傾いたりする企業が出てきても不思議ではありません。

こうした動きが広がった背景にはいくつかの要因があります。ひとつは、終身雇用制の崩壊に伴う社員の会社に対する意識の変化です。転職が珍しくないいま、愛社精神や帰属意識が薄れ、勤務先と事をかまえることに抵抗がない人が増えています。残業代の支払い請求が認められることが、広く一般に知られるようになった影響も大きいでしょう。その契機となったのが、08年に表面化した「名ばかり管理職」の問題です。さらには一部の弁護士や司法書士などが、新たなビジネスチャンスとして未払い残業代の請求に着目し、請求を促す広告を出したり、インターネット上で専門サイトを立ち上げたりしていることも要因の一つとして見逃せません。

もちろん労働基準監督署の是正勧告を受ける企業側にも、労働法規に関する認識不足、社員の労働時間管理が厳密に行われていないなど、問題があるのは明らかです。今年5月には、旅行会社の派遣添乗員が勤務先に未払い残業代の支払いを求めて起こした裁判で、同社に未払い残業代など併せて約112万円の支払い命令が下されました。同社は、添乗員の労働時間が把握しにくいとして、何時間働いても一定の給料しか支払わない「事業場外みなし労働時間制」を採用していましたが、裁判では「日報や携帯電話などで労働時間を把握することは可能」と判断されました。「基本給に残業代を含んでいる」「年俸制を採用していて、残業代込みの賃金を支給している」といった主張も、裁判や監督署の指導では残業代の不払いと判断される傾向が強いようです。未払い残業代の問題は、日本企業に共通する甘い労務管理体制の一端を浮き彫りにしているともいえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
名ばかり管理職
十分な職務権限を持たないにもかかわらず、肩書きだけを与えられて管理職とみなされ、残業代が支払われない従業員のこと。「偽装管理職」とも呼ばれています。
トライアル雇用
公共職業安定所の紹介により特定の労働者を、短期間(原則として3カ月)試行的に雇い、その間、企業と労働者が相互に適性を判断、両者が合意すれば本採用に移行する制度のことです。

関連する記事

未払い残業代に関する「時効」の知識と実務的留意点
労働者の権利意識の高まり、労働基準法改正による1ヵ月60時間を超える残業時間に対する割増賃金率の引上げ等、今日、「未払い残業代請求」が1つのトピックとなっています。
2010/11/15掲載人事・労務関連コラム
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
採用成功企業はここが違う!ITエンジニア採用の最新動向 ~採用成功のカギを握る「採用メタ認知力」とは!~
企業のIT/Web(以下、ITで表記)への投資が拡大している。しかし一方で、ITエンジニア(以下、エンジニアで表記)の採用難が大きなテーマとなっている。特に問題なのは、今後さらにエンジニアの採用が厳しくなっていくことだ。そのような環境下でも、エンジニアを採用す...
2015/03/18掲載注目の記事

関連するQ&A

みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
法定内残業をみなし残業に含むことはできますか
お世話になっております。 午前休を取得して、残業した場合の 法定内残業(所定外で100%支払う分)は みなし残業に含めることはできますでしょうか。
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人事管理 ]
分類:[ 報酬 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...