【ヨミ】セイゾウギョウハケンノニセンキュウネンモンダイ 製造業派遣の2009年問題

現在、労働者派遣法で定められている製造業への労働者派遣の契約期間は最長で3年。2009年中には、この派遣労働者の契約が多くの製造現場でいっせいに期限切れを迎えます。2008年後半からの経済不況とも相まって、派遣労働者の雇用の不安定化が進むなど、さまざまな混乱が予想されます。
(2009/1/19掲載)

製造業派遣の2009年問題のケーススタディ

契約期限切れで人手不足どころか雇用縮小
クーリング後の“飛び石”派遣も違法

実態は「派遣」なのに、雇用期限や安全管理責任のない「請負」を装って契約する――いわゆる「偽装請負」が発覚し、社会問題化した2006年半ば以降、日本の製造現場では多くの企業が請負から派遣へ、雇用形態の切り替えを進めました。製造業への労働者派遣は04年3月に1年間の期限付きで解禁されましたが、その後の法改正で07年3月から契約期限が最長3年まで延長されることが決定。この期間延長も見越して、請負から派遣へのシフトが加速したといわれています。

06年に契約を結んだ大量の派遣労働者が09年中に3年の契約期間を満了するとどうなるのか。企業が同じ労働者を同じ業務で雇い続けたい場合は、(1)3ヵ月以上の契約解除期間(クーリング期間)を置いた後、再び派遣契約を結ぶ(2)派遣から請負に雇用形態を変える(3)正社員や期間社員として直接雇用する――の3つの選択肢があります。08年前半までは大手メーカーを中心に(3)、つまり直接雇用に切り替えようという動きがさかんでした。(2)は偽装請負を疑われかねず、(1)ではクーリング期間中に人手不足が生じ、製造現場が機能不全に陥ってしまう――つまり「製造業派遣の2009年問題」は、当初は深刻な“雇用不足”をもたらす問題として懸念されていたのです。

現に、キヤノンは09年問題への対応として、07年末にグループ全体で約1万2000人いた工場の派遣社員を直接雇用に切り替えて、人員を確保する方針を表明、08年10月末時点では派遣としての契約を約650人にまで縮小していました。マツダやコマツなども同様に、直接雇用への切り替えを進めていました。ところが08年後半の景気の急落で、事態は一変。多くのメーカーが減産、人員削減に転じたため、09年中に期限切れになる派遣労働者の契約も、直接雇用どころか、そのまま“雇い止め”になる見通しが強まっています。つい最近まで人手不足への懸念でメーカーを悩ませていた「2009年問題」が、実質的な雇用の調整弁に変わってしまったのですから、皮肉というほかありません

また、正社員は難しいものの、クーリング期間経過後に再び派遣として受け入れたいという選択肢(1)の対応も現実にはとりづらい状況にあります。厚生労働省が08年9月に出した通達で、労働者派遣法で認められているはずのクーリング後の再派遣に対し、「派遣法の趣旨に反する」との見解を示したためです。とくにクーリング期間中だけ直接雇い入れて3ヵ月が過ぎたら再び派遣契約に戻す、いわゆる“飛び石”派遣は行政指導の対象となる可能性が高いので注意が必要です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード