無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 掲載日:2021/10/21

【ヨミ】コアコンピタンス コア・コンピタンス

「コア・コンピタンス」とは、企業が持つ能力のうち、競合他社に負けない自社ならではのビジネスの強みのこと。「コンピタンス(Competence)」は能力という意味ですが、その「コア(Core)」となる中核の能力がコア・コンピタンスです。1990年に、ロンドンビジネススクール教授(国際経営)のゲイリー・ハメル氏とミシガン大学ビジネススクール教授(企業戦略・国際ビジネス)のC.K.プラハラード氏が共同で発表した論文の中で紹介された概念です。

コア・コンピタンスのケーススタディ

自社が持つたくさんの強みの中で
コア・コンピタンスを見極めるには

コア・コンピタンスとは、他社にはまねできない自社の中核となる強みのこと。実際に、これまで成功してきた企業を眺めてみると、液晶技術に強みを持つA社、最先端の在庫管理システムを持つB社、全国にある店舗網では日本一というC社といったように、いずれもコア・コンピタンスを確立し、それを活用したサービス・プロダクト開発をしています。

企業が持つ強みは一つではありません。ハメル氏とプラハラード氏は、企業が持つたくさんの強みのうちコア・コンピタンスになり得るのは、次の三つの条件を満たす自社能力だと説明しています。

(1)顧客に何らかの利益をもたらす自社能力
(2)競争相手に真似されにくい自社能力
(3)複数の商品・市場に推進できる自社能力

かつてのモノを作れば作るだけ売れた時代は終わり、過去の功績にしがみついているだけでは、次の成功は訪れません。先行きの不透明な未来にも強い競争力を保ち続けるためには、コア・コンピタンスを確立し、それを全社的に周知する必要があります。

従業員自身がその強みを正しく認識することにより、自社への誇りを持ち、未来の成功のために情熱を注いでくれるようになるからです。事業を多角化する際にも、自社ならではの経営資源を中心とし検討することで、新規事業を展開したり既存事業に変革をもたらしたりするかもしれません。

コア・コンピタンスは定期的に再検討することも大切です。自社のどのような要素が強みになるかは市場環境によって異なるからです。その時点で競争優位であっても、環境の変化にともない目新しさや独自性を失う可能性があります。企業は絶えず新たな能力を開発し、コア・コンピタンスを見極める必要があるのです。

・関連キーワード
経営戦略

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「コア・コンピタンス」に関する記事

「コア・コンピタンス」に関する書式・テンプレート