企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事キーワード 掲載日:2020/10/29

【ヨミ】セッキョクテキフカクジツセイ 積極的不確実性

「積極的不確実性」とは、将来の不確実性をありのままに受け入れて前向きに捉えることで、新たな意思決定を行っていく考え方のこと。アメリカの心理学者ハリィ・ジェラットが提唱した理論です。変化が激しい社会においてキャリアに関する意思決定をする際、情報分析や合理的選択といったいわゆる左脳型アプローチだけでなく、直感や夢、感性に基づく選択といったいわゆる右脳型アプローチも同様に重視すべきであることを提唱しています。原語の「Positive Uncertainty」は、「肯定的不確実性」とも訳されます。

積極的不確実性のケーススタディ

どこまで損失を許容できるか?
積極的不確実性の考え方とは

未来は誰にも予測できません。東京一極集中がしばらく続くことを予測して都心にマンションを購入した人は、新型コロナウイルス感染症によって、その考えが揺らぐとは予想もしていなかったのではないでしょうか。家族から離れて単身赴任をしていた人や、命じていた企業も、在宅勤務で円滑に仕事を進めることができるとは想像していなかったかもしれません。どれだけ未来を予測しようとも、こういった不確実性からは逃れることはできないのです。

それはキャリア構築においても同様です。情報を分析し、最も合理的と思われる判断を下したとしても、その前提を覆す出来事が起これば、分析の手間も水の泡となってしまいます。そこで合理的に思考しつつも、直感や感性といった感覚的な視点を取り入れ、柔軟に対応できるだけの余白を備えておくことが大切なのではないかとジェラットは唱えました。それまでの学習をアンラーニングし、新たな領域に自ら学びにいくこと、「知っている」状態に警戒すること、現実的に思考しつつも願望を込めること、将来に向け準備しつつも創造し続けることを推進しています。

不確実性というと、ネガティブなイメージが強いかもしれません。しかし、悪い偶然があれば、良い偶然もあります。新型コロナウイルス感染症の流行は誰にも予想できなかったことですが、現在をパラダイムシフトだと前向きに受け止めれば、これからはより自由なキャリア選択ができるようになるかもしれません。

とはいえ、不確実性には不安も付きまといます。そんなときは、自分にとって許容可能な損失がどれくらいなのかを事前に考えておけば、不確実性を過度に恐れる必要はなくなるはずです。

・参考
Positive Uncertainty

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

ライフキャリア・レインボー
「ライフキャリア・レインボー」とは、1950年代に米国の教育学者のドナルド・E・スーパーが発表したキャリア理論。ライフキャリア・レインボーの理論では、キャリア=職業とは考えず、キャリアを人生のある年齢や場面のさまざまな役割(ライフロール)の組み合わせと定義。人生全般にわたり、社会や家庭でさまざまな役...
キャリアショック
「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネス...
キャリアドリフト
「キャリアドリフト」とは、自分のキャリアについて大きな方向づけさえできていれば、人生の節目ごとに次のステップをしっかりとデザインするだけでいい、節目と節目の間は偶然の出会いや予期せぬ出来事をチャンスとして柔軟に受け止めるために、あえて状況に“流されるまま”でいることも必要だという考え方を言います。...

関連する記事

花田 光世さん: 「キャリアアドバイザー」を活用することで、組織の活性化と個人のキャリア自律の統合を図る
近年、組織における「キャリアアドバイザー」の存在が注目を集めています。慶應義塾大学総合政策学部の花田光世教授はこのキャリアアドバイザーの育成に長年取り組まれ、キャリアカウンセラーのように社員の個人の「こころ」の問題を中心としたキャリアの支援だけでなく、“組織の...
2013/10/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”
タナケン教授の「プロティアン・キャリア」ゼミ【第2回】 そもそも「キャリア自律」は、必要なのでしょうか?
令和という新時代。かつてないほどに変化が求められる時代に、私たちはどこに向かって、いかに歩んでいけばいいのでしょうか。これからの<私>のキャリア形成と、人事という仕事で関わる<同僚たち>へのキャリア開発支援。このゼミでは、プロティアン・キャリア論をベースに、人...
2019/12/27掲載編集部注目レポート

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。