企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】バックキャスティング バックキャスティング

「バックキャスティング(Backcasting)」とは、理想的な未来の姿から逆算し、現在取り組むべき施策を考える思考法です。反対に、現状からどんな改善ができるかを考え、積み上げ式で未来を試算する考え方は「フォアキャスティング(Forecasting)」と呼ばれます。フォアキャスティングは実現可能性が高く、適度なチャレンジを設定する際によく使われますが、バックキャスティングは、達成の難易度が高く、なんとしても実現しなければならないようなケースに適しています。現在のやり方では到底到達できない目標に対し、根本的に方法を見直すことで到達を目指すアプローチです。

バックキャスティングのケーススタディ

「2050年までに新車の二酸化炭素排出量を90%削減」
トヨタ自動車によるバックキャスティングの事例

近年、バックキャスティングの思考法が重要視されている理由は、「SDGs(Sustainable Development Goals)」にあります。SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」のことで、持続可能な世界を実現するために2030年までに達成すべき17のゴール・169のターゲットから構成されています。2030年までに達成すべきゴールがすでに決まっているわけですから、まさにバックキャスティングの考え方が当てはまります。

SDGsは今や、企業にとっても無視できない指標。SDGsにどのように向き合っているかが、消費者や採用候補者や株主といったステークホルダーに与える影響はますます大きくなるでしょう。SDGsへの企業の取り組みは、外務省のWebサイト内にある「JAPAN SDGs Action Platform」から閲覧することができます。

バックキャスティングの手法を取り入れていることで有名な日本企業は、トヨタ自動車株式会社。同社は「トヨタ環境チャレンジ2050」を掲げ、2050年に新車の平均走行時に排出する二酸化炭素の総量を、2010年比で90%削減するという目標を立てました。二酸化炭素を9割も削減することは、従来のガソリン車から抜本的な変更が求められるということです。

これは、トヨタ自動車に部品を供給しているあらゆるパートナー企業にも影響を及ぼします。この発表を受け、一部では「本当に実現できるのか」といった懐疑的な意見も出たようですが、このバックキャスティングの発想は国内外で高く評価されました。企業が環境問題に全力で取り組む先駆けとなった事例です。

サステナビリティ(持続可能性)の追求は、今や企業が優位性を確保するための競争軸の一つ。今後はSDGsの目標に対する「達成率」もよりシビアに見られていくでしょう。フォアキャスティングで可能な範囲の目標を立てるか、バックキャスティングで抜本的な方法を見直すか。企業のあり方が問われます。

・参考
JAPAN SDGs Action Platform 取組事例企業(外務省)

トヨタ環境チャレンジ2050

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

SDGs
SDGs(エス・ディー・ジーズ:Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)とは、発展途上国のみならず、先進国も含めて世界全体が取り組む国際目標です。地球上に存在する人の全て、誰一人も取り残さない(leave no one behind)ことを誓うものであり、17...
サステナビリティ
「サステナビリティ」(sustainability)とは、「持続可能性」または「持続することができる」という意味。サステナビリティへの取り組みというとき、何を“持続する”のかというと、その対象は広く社会と地球環境全般を指します。本来は、自然と共生する持続可能な社会システムを目指す環境保護思想のキー...
ESG
「ESG」とは、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の頭文字を取って作られた言葉です。近年では、この三つの観点から企業を分析して投資する「ESG投資」が注目されています。また、環境や社会に関して注目を集めているもう一つのキーワードが「SDGs」です...

関連する記事

2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
若手採用のパラドックス
せっかく採用した新入社員がすぐに辞めてしまう、という悩みを抱える企業は少なくない。そのため“すぐにやめない人材”であることも選考のポイントとなる。人材紹介会社で扱う「第二新卒」に対しても、その点を重視する企業は多いのだが――。
2017/04/03掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
前職確認の方法について
中途採用で、前職確認を行なっている企業がおられましたら、その内容と方法について教えて下さい。また、逆に問い合わせがあった際に対処されておられる企業の方がおられましたら、どこまで回答されているかについてお教え下さい。
企業・従業員ロイアリティを高めるための施策
企業・従業員ロイアリティを高めるためにいろいろ考えておりますがどんなテーマで考えたらいいのか、どんなことを社員と話し合うことが良いのか迷っております。 考え方や方法にアドバイスいただければうれしいです
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]
分類:[ 戦略的人事 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

会社の未来を拓く 強い管理職のつくり方~アセスメントツールを“人材育成”に活用する、効果的な手法とは?

長期的な不況が続き、グローバル化が進むなか、この時代を企業が生き抜くた...


時代とともに進化する人事業務に求められる<br />
ICTサポートとは何か

時代とともに進化する人事業務に求められる
ICTサポートとは何か

経営戦略を実現する上で重要なポジションである人事業務。人事業務は日々進...