無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ブレインストーミング ブレインストーミング

「ブレインストーミング」は、アイデア創出のための会議手法です。特定のテーマに対して会議の参加者が自由に意見を交わすことで、一人では思いつかなかいアイデアを生み出していきます。提唱したのは、「オズボーンのチェックリスト」でも知られる、アレックス・F・オズボーン氏。「ブレイン(頭脳)」と「ストーム(嵐)」からできた造語で、日本では「ブレスト」とも略されます。ブレインストーミングはむやみやたらに発言を重ねればいいものではなく、効果的に進めるためのルールがあります。きちんと手順を踏むことで良いアイデアが生まれる確率も高まります。

ブレインストーミングのケーススタディ

優れたアイデアを生むための
四つのルールと三つのポイント

ブレインストーミングの原則は次の四つです。

  • 批判をしない
  • 自由に発言する
  • 質より量
  • 連想と結合

批判的な雰囲気がある中では、批判されることを恐れて発言量が減り、奇抜で斬新な意見が出にくくなります。また、「連想と結合」は「他人のアイデアに便乗せよ」ということ。いくつかのアイデアがぶつかることで、新たな発想が生まれます。一人で考え込んでいても出てこないようなアイデアが生まれることが、ブレインストーミングの醍醐味。参加者が四つの原則を意識することで、アイデア出しは円滑に進みます。

この前提を踏まえ、ブレインストーミングの質をさらに向上させる三つのポイントがあります。一つ目は、目的を明確にすること。ゴールのない話し合いは方向性を見失い、時間を浪費するだけになってしまいます。売上アップや顧客満足、従業員のエンゲージメント向上など、あらかじめゴールを設定することで参加者も事前に準備をすることができます。

二つ目は、制限時間を設けること。さまざまなアイデアを出す時間と、それらをまとめてアクションに結びつける時間に分けて時間を設定すると効果的です。三つ目は、念入りにメンバーを選ぶこと。多様なアイデアを生みだすためには、年齢や性別、職種、部署など、多様なバックグラウンドを持ったメンバーがそろっていなければなりません。また、直属の上司がいると発言の自由さが失われてしまうため、できるだけ利害関係のない人を選ぶとよいでしょう。

ブレインストーミングの具体的な方法もたびたび議論されており、カードにアイデアを書き出す「KJ法」やアイデアを7×7の計49項目に分類する「セブンクロス法」などが考案されています。また、効果的にアイデア出しをするためのサービスも登場していますが、どの方法が適しているかは組織やグループの特性によって異なります。いくつかの方法を試しながら、自分たちの組織にフィットするものを見つけていきましょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ブレインストーミング」に関する記事